小学校で勉強についていけないかもと不安な!?まずは一緒に◯◯やろ

子育てのコツ

小学校で勉強についていけるか不安です

 

このような悩みを持たれている方は実は多いです。それは今までの幼稚園や保育園、こども園と違った環境であることが一つ大きな要因として挙げられます。小学校では45分の授業を座って受けなければなりません。その環境に馴染めるかどうかで悩む方もいます。また幼稚園での学びの様子を見ていてすでに周りと差があると感じることもあります。このような小学校に対する不安は、お子さんを持つ多くの方が持たれている不安です。今回はこのような不安である小学校での勉強についていけないとどうしたらいいのか?この部分についてお話ししていきます。

小学校でつまづくと‥‥

小学校での学習でつまづいてしまう、要はついていけないとどんな問題があるでしょうか?一つは学習の遅れ、二つめは自己肯定感が育まれにくくなる、三つめは最悪学校に行きたくなくなるといった状況が考えられます。3つある状況の中で学習の遅れが一番解決しなければならない問題ですよね。この学習の遅れが解決されないと、子ども自身が自信をなくしていってしまいます。学習の遅れは人により本当にバラバラに出てきます。例えばひらがなが苦手、算数が苦手、漢字が苦手などそれぞれの得意不得意も大きく関係してきます。こういった場面でつまづいていくと、私は勉強ができないんだ、周りの子は本当すごいなっていう思考に走ります。そうなるといっそう自分ができないことにフォーカスしてしまい、子ども自身の大きな不安につながります。この大きな不安が自分の自信の喪失につながり、自分の成長をさらに妨げる原因になっていきます。

小さなつまづきが‥‥

最初はひらがなができない、数がわからないといった小さな不安だったものが、成長するにつれて自分は勉強ができないという考えに変わっていきます。そうなると勉強がもっと嫌いになり、学ぶことを放棄してしまいます。そうなると自分の成長を楽しむという経験が乏しくなり、楽しむには娯楽だといった感覚が大きくなっていきます。自分の成長よりも楽して楽しく過ごしたいという意識が強くなると、進学意欲の低下や就学意欲の低下につながります。大人になると遊べないから楽しくない、大人になりたくないといったずっと子どもでいたいという思考になってしまいます。こうなると自分が働く意味も見出せず、何もしたくなくなるという状況に陥ってしまいます。このような例は決して人ごとではありません。毎日の一つ一つの積み重ねがうまくいかないと、簡単に楽な方に走ってしまうのが人間です。ましてや小さいお子さんだからこそ小さなつまづきに目を向けることが大切です。

勉強についていけない時の対処法

では、そういったつまづきに対してどのように関わっていけば良いのか?ここで大事なことは保護者のあなたが変えられることにのみフォーカスすることです。要は学校の先生がとか友達がとか、そして自分の子供の能力がとかそうった保護者のあなたがどれだけ頑張っても変えることができないものにフォーカスは絶対にしないことが重要です。逆に自分の力でフォーカスできる部分はどこだろうか?この思考が大切です。

子どものつまづき対処法

1、子どもが今できることを褒める 

2、周りのペースではなくて、自分のペースでいいことを肯定してあげる

3、自分(保護者)が焦らない【重要】

上記の3つの考え方が大事です。1つ目の今できることを褒めるは日常の些細な部分で心がけてみてください。叱るよりもできることを褒める回数を増やしてみてください。これだけで子どもの学習意欲は少しずつ伸びていきます。2つ目の部分は正直難しいですね。ですがめちゃくちゃ大事なので入れています。ペースは学校についていけないと本末転倒だろなんですが、個人的にはペースを合わせることに意味はあまりないと思っています。ついていけない時こそマイペースにやらせてあげてください。そこから追いついていくイメージです。無理に合わせると必ず子どもは勉強を嫌がります。だってわからないから面白くない、けどやらないと怒られる。これ大人が無理やりハイペースで仕事を振られひたすら叱られ続けていくイメージですね。もちろんこれで成長する方も多いですが、子どもは大人と違ってさらに精神的に幼いですよね。まずはマイペースで学びの楽しさを教えるのが先です。目先の利をとると生涯で大きな損失(勉強嫌い)に繋がります。3については心掛けですね。2の考えを体現できるかは3にかかっています。といっても焦りますよね。周りができて自分の子どもだけできない⇨できない子どもがかわいそう⇨だから勉強をハイペースで取り組ませる⇨この思考がさらに悪循環を生み出します。だからこそ、できない今の状況をまずは肯定することが大事です。学校で否定されるなら家で肯定しまくりが大事です。今の教育同じペースで走れる人を肯定し、それ以外は否定されることが多いです。だからこそ肯定することを意識するだけで全然変わってきます。まずは【学ぶ楽しさ】これを知れば絶対にこれからどんどん伸びていきます。まずはあなたから楽しむことが大事です。まずは一緒に楽しみながら【勉強】しよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました