子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

【2020年最新】教育のICT化必須!現在の教育事情大暴露!!

time 2020/08/03

【2020年最新】教育のICT化必須!現在の教育事情大暴露!!

sponsored link

■現在の教育の現状

 現在の日本の教育環境は先進国の中でも目立って良くありません。その一番の理由は、教育のICT化の遅れです。日本ではやっとGIGAスクール構想などが掲げられ、やっと教育のICTが叫ばれだしました。しかし、現状は生徒一人へのパソコンの支給やタブレットの支給など全くといっていいほどハードの面で環境が整っていません。またハードの面だけでなくそれを扱う教員のITリテラシーの低さも大きな課題として上がっています。

 今までの教育では主に暗記することが重要とされ、先生が全体授業を行いひたすら板書を書き写すというスタイルで行われてきた経緯があります。このまま日本の教育がスタイルを変えることができなかった場合、今後の日本はあきらかに後進国となっていくと考えられます。今こそターニングポイントになっているという認識で、教育の質を上げていかなければ本当に取り返しのつかない状況に追い込まれてしまいます。

ではいったいどうすればいいのか?その鍵は教育のICT化にあります。今回はこの教育のICT化についてコロナの影響下での教育環境の変化も含めてお伝えしていきます。

■コロナショックによるオンライン授業

 今年度はコロナウイルスの影響により、教育現場も非常に大きな混乱に陥ったと思います。その中でも今までの授業スタイルだと三密になってしまい、授業自体が行えないという状況に陥りました。そしてその中でも授業をやっていかないといけないという環境の中で、ズームやチームス、そしてグーグルミートと呼ばれるテレビ会議システムが一躍有名になりました。これらのリソースを使用することで、遠隔でのオンライン授業が可能となりました。オンライン授業ではチャットでの生徒とのやり取りやアワーポイントのの共有などを行うことで、双方向型の授業展開可能となりました。

■オンライン授業のメリット

 このオンライン授業が普及する中で、見えてきたメリットは“生徒が発言しやすい”ということがあげられます。例えば、チャット機能だと普段喋らない子もイェスやノーなら答えられたりしました。通常の授業では声に出さないといけないことが、声を出さずにチャットでできるというのは新たな可能性を感じるメリットだと感じています。それ以外では画面録画をすることができるので、今後の授業の参考や体調不良等ででれなかった生徒へ復習の参考動画として見てもらうことが可能となりました。こうすることで、学校に来ることなく、授業を展開することができるようになりました。

■オンライン授業の課題

 オンラインで授業を行えるとなってもそこにはデメリットも存在します。例えばWi-Fiを持っていない生徒だと自宅で学習できなかったり、速度制限にかかってしますリスクもあります、生徒が通信量を気兼ねなく使用できることも今後は必要になってくると感じています。個人的にはオンライン授業の可能性を感じていますが、その反面生徒との距離感には少し不安を覚えます。やはりオンラインだと本当にわからない部分をすぐに聞くことができなかったり、どうしても孤独感の中で授業を受けている感覚になってしまうと思います。ですので、質問の投げ方やチャットを絡めたコミュニケーションが必ず必要になってきます。このあたりを上手く運用しないと授業がまたつまらないものになっていってしまいます。

■教育のICT化の本質

 今回は教育のICT化で少しテレビ会議システムの話をしていますが、実際このアプリを使ってどのように授業を展開するのかが非常に重要です。そして教員側は教育のICT化の本質を捉えた上で、指導に当たる必要があります。まず”ICT教育の本質は、情報を活用する能力を高めること”これが最も需要なことです。

 この情報活用能力を育てるためには、まず生徒よりも教員がこのデバイスやサービスを使うとどのように教育が変わるのかをしっかりと理解し、説明できないとはなしになりません。しっかりと理解した上で、教育のICT化を勧めていく必要あります。教育のICT化は日本では時間がかかると思いますが、情報技術、情報活用方法、そして情報のモラルこれら3つをしっかりと意識して活動するといいと思います。

■情報格差が貧富の差を産む

 これまでの話では教育のICT化についてお話をしてきました。さらに教育をICT化するのは日々の細かい業務の整理からですので、まずはやってみましょう。そして何よりも、現代ではこのような活動自体を行わなかったら、本当に貧困化していくと思います。現在は情報化時代です。適切な情報を集め、分析し、活用していく必要があります。そして、自分でも更に情報を取るための行動をしていく必要があります。日々テレビを見て過ごしているだけでは、この先の情報格差時代に生き抜いていくことができないと感じます。なので、日々休みとか言わず、ひたすら継続しようと思います。

sponsored link

コメント

  • 初めまして。教育も変わっていくのですね。

    by ハウオリ €2020年8月7日 8:16 PM

    • ハウオリさん

      初めまして。

      教育は大きく変わらないといけない部分ですが、変革は非常に厳しい流れがあると思います。

      だからこそ、子供自身に何を学ばせるかよりも、学ぶことの大切さと楽しさを伝える環境こそ重要だと思っています。

      by jyameko €2020年8月14日 10:14 PM

down

コメントする




CAPTCHA


教育×動画×ガジェット

Hanjyomo

Hanjyomo

ブロガーのhanjyomoと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、様々な情報を提供しています。教育において動画やガジェットの活用が今後非常に進むと思っていますので、how to動画などもコンテンツ作成していきます。