子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

2020年教育改革に備えるオススメの教育方法とは?親が今知っておくべき6つのこと!

time 2018/06/05

2020年教育改革に備えるオススメの教育方法とは?親が今知っておくべき6つのこと!

2020年の教育改革に向けて、様々な動きが教育業界を中心に広がっています。しかし、この教育改革の本質は一体どこにあるでしょうか?今なんのために教育改革が行われるのか?正しい知識がないと、ただ何と無く世間の流れに押し流されてしまいます。今回は改めて、教育改革の目的とそれに伴って起きる大きな変化を8つのポイントに分けて、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

sponsored link

1、なぜ今教育改革?

グローバル化に加えて、AIの台頭さらに少子高齢化と変化の激しい時代を迎えています。その中で、世の中の課題を主体的に解決することが求められています。学習指導要領でいう中の“生きる力”が本当の意味でより重要になってきています。現代の子供達の特徴は、自分至上主義で、あまり他者のことを気にかけることができない傾向があるとの研究結果もあったりします。この変化の激しい時代において、他者を気にしない若者が増えていることの問題の大きさを考えてみても、これまでの受身的な授業ではなく、アクティブラーニングを軸とした主体的な学びが必要とされています。このような背景から、2020年の教育改革が現在進行しています。

2、求められる力

自分で考えて行動する力がこれからより必要になってきます。日本はどちらかというと大学までの学びは、非常に受動的なスタイルが大きかったと思います。それが、これからはより低年齢化して行く形に変化してきます。自分の意見を伝えることはもちろんですが、何よりも自分の意見の根拠となる数字や知識など、より論理的に相手に伝える力も必要になってきます。

3、新大学入試で変わること

新大学入試になることで、今までの当日までの暗記量を測るテストではなくなります。「表現力」「判断力」「思考力」というものが重視され、記述式の問題に変わってきます。これまでは覚えればよかっただけの問題が、記述式になりより自分の意見や考えを様々な能力を駆使して、回答しなければならなくなってきます。

4、大学入学共通テストとは

センター試験に変わる入試で、大学入学の際に受験する必要があります。これは前述したように暗記ではなく、様々な考え方が求められます。思考力や判断力、表現力という言葉と前述していますが、例えば図表や資料を見て、一つの問題への解決策を導き出したりすることが求められてきます。決まった回答ではなく、柔軟な思考力や咄嗟の判断力、そして周りいかに伝えるかの表現力などが見られるわけです。

5、英語の資格、検定試験とは

今回の教育改革において、目玉に近いのがこの英語資格検定試験も入試に使用するという点です。英語検定だけでなく、ケンブリッジ英語検定やアイエルツやTOEFLなども英語の技能検定として使用できるようになっています。英語は基本的に4技能を測ることが必要とされています。聞く、読む、書く、話すこの4技能を多面的、総合的に判断するために検定試験が活用されることになっています。

6、多面的、総合的評価入試とは

以上のことを踏まえて、今までの教育の考え方では、たちまち対応できなくなってくるという大きな変化を今回は感じてもらえたと思います。まずは、教育改革のポイントを抑えていただいて、その上で自分に今何が必要か?ということをしっかりと意識してもらうことが必要です。

7、保護者の方が知っておくべき事

以上のことを少なくとも、保護者の方には知識として持ってもらう方がいいと思います。あと10年から20年でいまある仕事の約半分は機械に取って代わられると言われています。また、これはアメリカの話ですが2011年に入学した小学生のうち65%はいま現時点ではない職業につくと言われています。さらに外国人留学生の就職採用の割合が極端に増えてきます。1000人以上の従業員がいる大企業になると50%の企業で、留学生の積極的な受け入れが出てくるというデータもあります。そして寿命も伸びているため、現在小学4年生の子が22世紀を迎える確率は実に35%を超えています。それだけ、人生100年時代という時代ということも合わせて考える必要があります。知っておくべきことはたくさんありますが、まずは保護者の方が教育の変化について行く必要があります。

 これからの社会では、確実に労働人口の割合が減っていきます。単純に人口減少は避けられないでしょう。しかし、その時に日本はどのようなスタイルで生き残って行くのか、それを考えるのが今の子どもたちです。だからこそ、自分で考えて行動できる力をしっかりと養って行く必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]