子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

自分らしく生きるための超簡単なたった一つの方法とは❓

time 2018/01/27

自分らしく生きるための超簡単なたった一つの方法とは❓

自分らしくという言葉が少し前に流行りましたが、今回は自分らしく生きるための簡単な方法をお伝えします。あなたは、今自分らしく生きていますか❓という質問をすると、大抵の人は即答せず、少し悩まれると思います。自分は本当はこんな性格じゃないとか、もっと他の仕事がしたいとか、もっと自分は出来る人間だとかいろんな理想があって、現実とのギャップを感じるのではないでしょうか❓そのギャップを埋めるには大変な努力が必要だと思います。しかし、実は自分らしく生きるにはもっと簡単な方法があるんです。では、今回は自分らしく生きる超簡単な方法をお伝えします。あなたも今日から考え方が少し変わるかもしれません。

スポンサーリンク

sponsored link

⬛️自分の心の状態を把握すること

常にあなたの心の状態、お子さんの場合もお子さんの心の状態をしっかりと把握できるように努めましょう。心の状態はニュートラルではありません。不安な気持ちや、恐怖などのしんどい気持ちのマイナス面に向いている時もあれば、楽しい、嬉しい、感謝したいなどプラス面に向いている状態もあるはずです。まずはその自分の心の持ちようを理解し、どちらに傾きやすいかなどの傾向を知ることが大事です。少なくとも、自分らしく生きるためには、プラス面になっている状態をいかに維持する事が出来るか、が本当に大事になってきます。ぜひ、自分の日頃からの気持ちの変化をしっかりと意識してみて下さい。

⬛️何に不安や恐怖、喪失感を感じるかを明確に知ること

今回お伝えする内容で最も大事なことは、この何に不安や恐怖、喪失感を感じるかを明確にすることです。要は負の心の気持ちを引き起こしているものを知ろうということです。例えば、小学生や中学生の頃はいかに周りからはぶられないようにするか、ということを四六時中考えていたりします。相手に合わせること、周りと一緒にいることが大事と考えているんですね。しかし、実際に大事と思っていることは、大事と思ってそうしているわけではありません。逆に感じていることは、恐怖や不安、喪失感をその流れに乗っかっていないと感じるから乗っかっているということです。自分が楽しんで、あるいは望んでそうしているなら問題はないですが、実際に不安や恐怖、喪失感を感じているなら、自分が何に不安や恐怖、喪失感を感じるかを明確に知りましょう。

⬛️喪失感を感じると思い込んでいることを一回やめて見る。

不安や恐怖、喪失感でがんじがらめになると、何も出来なくなります。むしろしたくなくなります。そして、怖いからこそまた普段の生活に戻っていきます。では、実際にこれをやめたら、喪失感や不安感、恐怖を感じてしまうことになるというストレスを乗り越えてみましょう。大抵自分らしさを失わせているのは、周りからの変な圧力や流行、ハブられないかの恐怖です。全て相手次第、自分で変化することも出来るのに、決めつけてしまっている。むしろ決め付けられる。自分らしく生きるには、その恐怖を受け入れて、自分は自分の人生に対して満足していると信じる事が大事です。

⬛️自分らしく生きることに満足する

自分で自分の人生に満足できたときは、一番の幸せを感じると考えています。自分らしく生きるとは、単に自己中心的に生きることというわけではありません。人生からくる様々な恐怖や不安などに押しつぶされそうになっても、最後まで諦めない姿勢、自分で人生を切り開いていくという覚悟を持ち人生を生きている人達のことを言います・恐怖や不安は大抵あまり感じません。ですので、自分がこれをしなかったら、周りと同じことをしなかったらというたらればの話はなしにしましょう。自分らしく生きるためには、常に周りを意識して何に喪失感や不安感、恐怖を感じ、それらを受け入れる事が出来る人になる事が大事です。不安や恐怖や喪失感が実は幻想であり、実際にその仲間として遊ばなくても何も変わらないし感じないと思います。むしろ周りに左右されない自分の判断ができたことを褒めてあげてください。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]