子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

就職で絶対に考えるべき!できることとやりたいことの違いとは?

time 2017/06/24

就職で絶対に考えるべき!できることとやりたいことの違いとは?

sponsored link

■就職活動でよく言われること

自己分析が大事だよ、とか言われることが多いと思います。これ学生によっては勘違いしているんだけれど、自分の立ち位置をしっかりと把握すること、自分をよく知ることが目的です。よく学生の自己分析を聞いていると、自分を過大評価していたり、特殊な経験を積んでいないとだめと思っていたり、目的とそれて自己分析をしている生徒って結構多いです。この自己分析をなぜするのか?ということを全く意識せずに、就職活動に挑むとどうなるか?…路頭に迷うことになります(笑)

スポンサーリンク

■自己分析の目的を意識するということ

自己分析では、何を意識して取り組めばいいのか?それは自分をよく知ることです。これをもう少し具体的にいうと、今現時点で自分が出来ること、そして将来やりたいことを把握することです。これが就職において、知っておくべき自分のことになります。自分が現時点でどのようなことが出来て、逆に出来ないか?を知ることは就職活動において重要です。自分が何が出来るのかを把握しておかないと、自分を企業に対してアピールすることは難しいでしょう。そして、やりたいことに関しては自分のこれからの生き方の軸になってくると思うので、この部分は徹底して深堀して、具体的に将来のビジョンを明確に示せると何より説得力が増します。

■まずはできることから!!

学生の時は、就職する時に自分のやりたいことがなかったり、自分を過大評価してできもしないことをあたかも出来るように語ったりします。しかし、それではいつまでたっても就職活動は上手くはいかないでしょう。大切なことは地に足をつけて、しっかりと自己分析をすることです。なんとなくではなく、真剣に①自分の出来ること、②今は出来ないこと、③将来やりたいことを明確にしていきましょう。そのために①の自分が今出来ることを明確にしましょう。この時に自分の今までの経験を根拠づけることが出来れば、説得力が出来ます。ですので、最初に自分史を保護者の方と振り返ってみるといいかもしれません。よく進路で保護者の方と何を話せばいいのか?わからないという生徒もいます。それもそうですよね?進路の方法や形は毎年変わっていますし、具体的に何がしたいのか?という話ですぐに~したいってなるはずがないですから。まずは保護者の方と一緒に自分史を見つめてみましょう。

■今出来ないことを把握することは、自分の成長を促す!!

就職活動に限らず、現時点で自分に足りないものがわかっていると、人は成長して行くときに迷わなくて済みます。例えば、サッカー選手で、なぜか最近調子が悪いなーとは日々思っているけれども、まあ次ちょっと気合いれていくか?みたいなアバウトな感じで自分の状況を把握した状態では、絶対に高いパフォーマンスは発揮することが難しいです。キックが弱点なのに、体力ばかり鍛えても全く意味がないようなものです。自分の課題はこれ、だからこれを克服するためにこれをするという流れがすぐに組み立てられる人と、そうでない人では成長のスピードに雲泥の差が出ます。ですので、社会人になる前に自分の課題を明確に、そしてその課題をどのように克服していきたいのか?というプランまで考えておくことはライバルに差をつけるチャンスです。

■やりたいことは、人生の軸になる!!

学生のころにやりたいことを決めておけよ、という進路のアドバイスは腐るほど聞くと思います。私はこのやりたいことがすぐに見つかるとは思っていません。しかし、いつまでもないということは一番だめだと思っています。なぜなら、やりたいことは自分の人生の軸になるからです。将来はなんとなくお医者さんになりたいとか花屋になりたいとか、ぼやんと昔思っていた人は多いと思います。しかし、それに向けて生きてきてはないはずです。ごく一部の人を除いてですが。(プロのサッカー選手とかはこの時のやりたいことがすでに生きる軸になっています。)一般的に就職活動においてやっとこの人生の大事な部分を考えだすんですが、なかなか決まらずにそのまま人生を過ごすことになるからです。この将来やりたいことがないと、漫然と人生を過ごすことになります。人を喜ばせたい、役に立つ仕事がしたい、みんなそう言います。役に立たない仕事はまずありえません。サービスとして成り立たないからです。その前提で、もう一つ突っ込んで、自分は何で人を喜ばせたいのか、自分はどういうときに一番うれしく感じるのか?そういったところから自分の人生において、やりたいことを明確にしていく必要があります。

■やりたいことが、出来ることを増やし成長を促す!!

まずは出来ることを把握することが自己分析の目的と話をしてきましたが、その出来ることを増やすために必要なことがやりたいことです。ですので、このやりたいことがないと、あまり人は成長しません。全くではないですが、なかなか成長しないでしょう。自分の人生の軸がしっかりとある人は、ちょっとやそっとでへこたれないタフネスさも持っています。というか、自分がやりたいことは何が何でもやりたいという衝動があるので、負けているわけにはいかないからです。ですから、自分の人生の軸をしっかりと深堀してください。やりたいこと=仕事でなくてもいいです。これ結構勘違いされがちですが、やりたいこと=どのような人生にしたいか?だと私は思っています。これなら死んで悔いはないという形で軸を持っておくことが必要です。そのやりたいことを実現する手段の一つが就職なので、しっかりと軸を意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]