子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

キリツテインの成分は起立性調節障害の改善にどんな補助的な役割を果たすのか?

time 2017/05/24

キリツテインの成分は起立性調節障害の改善にどんな補助的な役割を果たすのか?

全国に約10万人以上いると言われる不登校生徒ですが、そのうち約4割の4万人が起立性調節障害だと言われています。実際に思春期の中学生や高校生で不登校の生徒は、起立性で朝起きれないという子がたくさんいます。私自身通信制高校で働いていますが、起立性調節障害で悩まれている生徒さんは結構多いと感じています。起立性調節障害は、根本的な治療法がなく、生活習慣改善などが有効とされているのでなかなか学校に通うことが出来ないという事が起こっています。現に高校生で、起立性調節障害のため出席日数が足らずに留年してしまうのが嫌で通信制高校に転学してくる子も多いです。このような状況の中で出てきたのが、補助的サプリメントの“キリツテイン”と呼ばれるサプリメントです。今回はこのキリツテインの成分について詳しくご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

sponsored link

■まずは知りたい!キリツテインの役割?

キリツテインと聞いても、いやいやサプリメントなんてあんまり効果がないでしょってなりますよね?通販とかでも様々なダイエットサプリメントがありますが、どのようにして体型維持を行えるのか?いまいちピンと来ないと思います。では、実際キリツテインはどのような補助的役割があるのか?を詳しく見て行きたいと思います。

キリツテインの一番の補助的な役割は生活習慣の維持です。特に起立性調節障害は自律神経のアンバランスが主な原因と言われているため、女性に多いのも特徴です。このキリツテインなら女性に対しての作用についても生活習慣の維持に繋がりやすくなるかもしれません。

■中身の成分は一体どんなものなのか?

では、実際にどのような成分が生活習慣の維持をサポートをしてくれているのでしょうか?それは、Lーテアニンという成分です。キリツテインの主成分はこのL−テアニンと呼ばれるものです。Lーテアニンとは、リラックス成分です。このリラックス成分を効率的に摂取できるのであれば、緊張からくるストレスで乱れがちな生活習慣の維持につながるかもしれませんね。

■人体に害はないのか?

キリツテイン=栄養補助食品です。あくまで食品なので、他の薬と併用して飲む事も問題はないようですので害はないと考えているいいと思います。基本的にたくさん飲んでも大丈夫のようですが、目安として一日4〜6粒程が適量のようです。飲みすぎないようにしましょう。

 

■ただサプリメントだけに頼らないことが重要!!

サプリメントは上手く使えば非常に心強いサポーターになります。しかし、じゃあサプリメントだけで大丈夫と思ってしまうのは、危険です。あくまでもサプリメント=健康補助食品として使用する意識が大事です。起立性調節障害は非常に様々な原因がある障害です。お子さまにとって何が一番ベストな方法なのかを考えることが重要です。サプリメントは解決のための補助的な手段だと考えて、症状に合わせて対策をたて、医師の診断の元で改善していくことが非常に重要です。

規則正しい生活を送ることや水分を取ること、そして眠りやすい環境を整えること、ストレスを感じているなら取り除くこと、様々なアプローチと合わせて解決の糸口にしていって頂ければと思います。

サプリメントに頼り切るのではなく、その他のアプローチと合わせて改善していくことが大事だと思います。しかし、今もし全くその他のアプローチで改善していかない、もう何か手を打ちたい、少しでも学校にいってほしいという思いがある方は、ぜひキリツテインを試してみてもいいかもしれません。

■今なら30日間返金保証付き!試すなら今がチャンス!!

キリツテインですが、今なら30日間返金保証付きでお試しが出来ます。サプリメントだからこそ、返金保証がついてお試し出来るのは非常にありがたいですね。キリツテインを毎日飲む事で、睡眠習慣が維持されていく可能性があります。現在不登校のお子様をお持ちの方、朝起きれないで遅刻ばかりしてまうお子様をお持ちの方はぜひ一度お試しいただいてもいいかもしれません。

》》今すぐキリツテインを試してみる

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]