子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

2歳児の癇癪を簡単になくす方法!子どもと向き合う時間が必要?

time 2017/05/09

2歳児の癇癪を簡単になくす方法!子どもと向き合う時間が必要?

小さなお子様をお持ちのあなたは、子育てで癇癪に悩まされていることも多いと思います。私も2歳と0歳の息子達と日々格闘しております笑 その中で癇癪に関して、我が家で実践してみた子育て方法を今回はお伝え出来ればと思います。癇癪を起こすと何が大変か?というと、やはり公共の場や賃貸マンションなどに住んでいる場合は周りへの迷惑を一番に考えてしまう事ではないでしょうか?子育てだけでも大変なのに、周りにも気を使わなければならないということは多いと思います。今回はそんな癇癪についてどのようにしつけを実施して行けば良いのかについてお話します。

スポンサーリンク

sponsored link

■癇癪が起きる理由とは?

癇癪が起きる理由は、個々人で様々だと思います。しかし、癇癪を起こしているという状態はある意味パニック状態になっていると考えるといいと思います。要は自分では処理出来ない、コントロールが聞かない状況が癇癪だと思ってもらえればいいと思います。ですので、癇癪が起きるのは、自分でコントロール出来ない何かがあったからなんだとまず考えてもらえればと思います。そして、大事な事はこのコントロール出来ない何かの出来事、これをあなたが把握することがまず重要なポイントになります。

■癇癪の起きた時の対処法とは?

ただ、癇癪が起きて何かの出来事を考えている暇は正直あまりありませんよね?特に上述したのような周りに迷惑がかかる場面では、一刻も早く落ちつかせたいという思いが先行します。ですので、癇癪が起きた時には、まず子どもを落ちつかせる事これを第一に考えてみてください。何かの出来事をいろいろ話をしたり、叱ったりするのは癇癪の状況を長引かせたり、さらに悪化させてしまったりする場合が多いです。ですので、まずは落ちつかせる事に全力を注ぎましょう。具体的にはだっこをしたり、頭をなでたりして落ちつくために安心出来ることをしてあげましょう。我が家では、だっこをして「大好きだよ、大丈夫よ」と声をかけてあげると非常に効果的です。2歳にもなると、話している内容がとても理解出来ているので、声かけをしっかりとしてあげると効果的です。さらに人が大勢いたり、騒がしい場所にいたりするとなかなか落ちつかないので、場所を変えてあげることも非常に効果的です。

■日頃から起きやすい場面を把握する

癇癪が起きる理由は上述しましたが、自分でコントロール出来ない何かの出来事が原因です。その何かの出来事を把握する為には、日頃からしっかりと子どもの行動や言動を観察しておく事が大事になります。日頃からコントロール出来ない場面で起こっている出来事をしっかりと観察するようにしましょう。2歳だと特に男の子はまだ話すのが上手ではない子が多いです。なので、なかなか自分のことを話す事が出来ません。自分のしたいようにして出来なかった事、してほしいのにしてもらえなかった事などがきっかけになり癇癪に繋がりやすいです。ですので、子どもの行動や言動をしっかりと観察する事で、何かしたかったのか?してほしかったのか?を汲み取ってあげれる様にしましょう。さらに、兄弟などがいると赤ちゃん返りとも重なって、癇癪を起こしやすくなることもあるので環境の変化も配慮してあげる事が必要です。

■子どもの意図を理解し、向き合う時間を作る!!

子どもは自分の意図がしっかりと理解してもらえると、納得して癇癪を起こす回数が減って行きます。さらに言葉がもっと上手く話せる様になれば、癇癪は減って行くでしょう。ですのでまずは、子どもの意図を理解して共感して、大人が代弁してあげる事が重要です。そのためには子どもとしっかりと向き合う時間を作る事が必要です。「〜ちゃんこうしたかったね」と共感してあげることが何よりも重要な時間になります。癇癪が起きてパニックになっている時こそ、子どもと向き合うチャンスと思って、子どもと過ごす時間を大切にしましょう。

■まとめ

癇癪が起きると、ついついその場をはやく治めることに注力しがちです。しかし、そうではなくしっかりと子どもに向き合う時間と考えて接することで必ず改善して行くと思うので、根気よく続けて行きましょう。周りの目も気になるし、配慮等も必要ですが、上手く調整しながら子どもと向き合う時間を確保することにもぜひ意識を向けてあげてください。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]