子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

急げ!AO入試の時期!!遅くなれば専門学校も落ちるって本当?

time 2017/04/21

急げ!AO入試の時期!!遅くなれば専門学校も落ちるって本当?

高校生にとって進路の選択の時期はこの4月もしくは2年生の後半から始まっていると思います。国公立の大学を目指している子であればもうすでに勉強を開始して1年とかが経っている子も中にはいたりします。それくらい進路を決める時期というのは、目指すべきゴールに合わせてそれなりのスピードや期間の設定が重要になります。そして今年ももうすぐ4月が終わります。進路決定で一つの大事な時期である6月、6月には専門学校のAO入試が開始になります。この波に乗り遅れない様に、まずは専門学校のAO入試のことについて本日はお話していこうと思います。

スポンサーリンク

sponsored link

■専門学校ってどうやって入るの?

専門学校への進学を考えているお子様をお持ちの方でも、あまり専門学校への入り方ってけっこう知られていないんですね。専門学校は誰でも入れると思われている方も多いと思います。確かに定員までは、大学等よりも入りやすいという認識は間違っていません。しかし、だからと言って何の対策も無しに専門学校を受けるのも間違っています。専門学校はただ何となく入るものではなく、入って資格を取ってから自分が何がしたいか?ということが一番重要で、そのために入試があるというのが前提です。入ってしっかりと厳しい授業や実習をやりきれるのかどうか、という見極めが専門学校側にとっては重要な訳です。入らせただけで辞めてしまったら、あの専門学校に行っても続かないという噂が起こり、学校の評判も落ちてしまうからです。ですから、専門学校側も人の見極めという部分ではそれなりにシビアであるということを忘れてはいけません。

■6月からAO入試が開始

専門学校の入試は三年生の6月から開始になります。これを意外に知らない人が多くいます。もう始まってるの?という質問を結構聞いたりする事が多いです。6月から始まるAO入試は学校側からの推薦を受けるので入りやすいということもありますし、特待生の枠を受験することも可能です。特待生になれば学費の減免や免除等うれしい特典がついてくるので、専門学校を真剣に一本で考えている人にとっては、挑戦する価値があります。またAO入試では基本的に小論文と面談が必要になってきます。面談では、コミュニケーションを取る様に様々な質問をされます。面接ではないので、本当にその人の人となりを見極める意味合いが強いですね。小論文に関しては一朝一夕で身に付くものではありません。ですので、先生に相談して小論文の対策(最低10回以上の添削はしてもらいましょう)は必須でやってもらいましょう。

■入試時期って関係あるの?

6月からAO入試が始まりますが、その後は翌年の3月31日まで入試を受験する事が可能な専門学校が多いです。ただし、定員があるのでいつでも受けれるからいけるだろう、という感じで試験を先延ばしにする事はやめましょう。定員が一杯になった時点で入学試験が終了となるので注意が必要です。専門学校はいつでも入れるという認識ではなく、受験を決めた時点で受験に向けてすぐに動き出しましょう。実際に受験して受かる力があったとしても、時期が遅ければ遅い程入学出来ない確率は少なくとも高くなりますので、入試時期は早めに設定しましょう。

■専門学校は動き出しの早さが重要!

専門学校は6月のAO入試から受験が開始になるので、大学受験と違って早くから進路を決定することが可能です。なので、専門学校で決定している場合すぐに動き出す、これが何よりも重要です。専門学校においては先延ばしにすればする程、入試のメリットも少なくなってくるので意識して動き出しをしていきましょう。早くから進路を決める事で、その後は自分のやりたい事やまた専門学校に入る為に学費を貯めたり、知識を得る為に勉強したりする時間に充てる事も出来ます。専門学校を考えているなら今の時期から動き出して準備を始めましょう。今からでも少し遅いくらいです。しっかりと自分の目的意識を持って専門学校の受験をすることをオススメします。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]