子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

どうしても他の子どもと比べてしまう!幼稚園に通う際の不安とは?

time 2017/04/19

どうしても他の子どもと比べてしまう!幼稚園に通う際の不安とは?

幼稚園や保育園に入る頃になると、他の子どもと比べて自分の子は何も出来ない、なんて不安に駆られる事があると思います。我が家でも自分の子どもが幼稚園に通うことになって、いざ行ってみると出来ない事が多いということに気付かされます。他の子は出来るのに、なぜ自分の子どもは出来ないのか?本当に不安になります。今回はそんな不安をもたれている方に、素直に我が家の息子の状況を踏まえつつ幼稚園に通う際の不安との付き合い方についてお話できればと思います。

スポンサーリンク

sponsored link

■私の子、実は自己紹介が出来るのよ!!

今年から幼稚園に通いだしました我が家の息子ですが、3歳になるんですがまだまだ話し言葉も少ないです。こちらが話している事は理解して動く事は出来ますが、かなりの気分屋さんです。幼稚園初日には、周りになかなかなじめなかった様子でした。そんな我が子をさておいて、他の子はというと、すごい、自己紹介が3歳にして出来ている子がいました。自分の名前をしっかりと話せていました。我が子と一ヶ月しか変わらないのに💦本当にすごいですね。その子は、周りの先生からも褒められて満足そうでした。3歳で自己紹介出来るんだって素直に関心したのと同時に、やっぱり少し負けたなって思っている自分がいたので、あっ比べてしまっているって気付きました。比べるとやっぱり子どもにいろいろ求めたくなってしまう。親の性ですね。

■集団行動が苦手なのかな?

さてさて、幼稚園について一通り自己紹介が終わってからリトミックが始まりました。我が子はどうかな?先生の話を聞いて真似出来るかな?なんてみていると、案の定、先生が手を挙げていて皆が真似をしているのに、我が子はガン無視でした笑 もう少し興味もとうよと言いたくなるくらいでしたが、なかなか真似が出来ませんでした。皆に会わせて行動するということは、初めての体験になると思うので、少し難しかった様です💦

■じっとしていられない!

その次に本読みを先生がしてくださりました。基本我が子は、絵本は好きなのでじっとしているかなと思っていましたが、甘かったですね。輪っかになって座っている周りの子達を無視してど真ん中なで遊びだしました。あげくの果てに先生が読んでいて皆聞いているのに、「絵本、ないよー」と叫び、周りの邪魔をしていました。おいおい、そこまでかい、と我が子よ、頑張れと思いつつ見守っていました。家でもじっとしていることが苦手なので、少し難しかった様です。初めての環境で戸惑っていた事もあると思いますが、なかなかじっとしていられないんですね。

■帰りは道のど真ん中!!我が道を行く

だいたい6時間くらいの幼稚園が終了し、帰る時間になりました。挨拶だけはしっかりと行えるみたいで、先生バイバイと言って嬉しそうでした。その後、駐車場までの道を我が物顔で、ど真ん中を歩いて帰りだしました。他の子はみんな端によって歩いて帰っているのに、我が子は我関せずで自分の歩きたいところをひたすら歩いていました。本当に我が子は自由人ですね。なかなかの強者です笑

■今は出来なくても、出来る様になるって思えた笑

幼稚園に行ってみると、本当に出来る事、出来ない事が明確に見えて来ますね。そしてそれが見えてくると、絶対に自分の子は出来るとか、出来ないから本当に不安とか、いろんな気持ちが出て来ます。実際私も幼稚園の様子を見て、出来ない事って多いなと改めて感じました。しかし、この出来ない事に目をやって、さらに他の子どもと比べる事が普通になると、「なんで出来ないの」「他の子は出来ているのに」という言葉を我が子に言ってしまいかねない危険性も同時に感じました。今出来ない事も必ず出来る様になる、早くから出来る事が全てではないはずです。今はたとえ出来なくても、いずれ出来る様になればいい、ただそれだけの話という様な心構えで幼稚園での生活も楽しんで行ければと思います。そのうち出来る様になるさ、という気持ちで人と比べるよりも、我が子と向き合う時間を大切にして上げてくださいね。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]