子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

さくっと手続き完了!被扶養者認定にはマイナンバーの記入は不要!

time 2017/02/23

さくっと手続き完了!被扶養者認定にはマイナンバーの記入は不要!

私事ですが、最近次男が産まれました。今回も何とか立ち会えたのでとても感動しました。赤ちゃんが産まれるのは本当に奇跡ですね。そんな中、産まれた後の手続きってけっこう大変ですよね?そして、けっこうめんどくさいのが、被扶養者認定です。今回は、私が今回実際に手続きした内容と合わせて被扶養者認定で困ったことをご紹介します。

スポンサーリンク

sponsored link

■子どもが産まれたらする手続き

子どもが産まれたら、まずやること、それが出生届の提出です。これは、産まれてすぐにやる手続きになります。その手続きと同時にやらないといけないのが、子ども医療証の手続きと子ども手当の手続きです。あとは、保健所に対して、郵送でも大丈夫ですが、子どもが産まれた報告通知を提出します。これは、民生委員の方がその後、家を訪問する事になっているので、提出が必要なものになります。これらの手続きが出産後すぐにやっておくべき手続きになります。

■産まれてすぐに手続きする際に同時に取っておくと便利な書類

出産後にやる各種手続きに合わせて、とっておくと便利な書類を紹介します。住民票取得と出生届受理証明を取っておく事をオススメします。それぞれ、被扶養者認定において必要になる可能性があるものです。最低でも出生届受理証明書は父母の記載があるもので取得をしておきましょう。ちなみに住民票に関しては、子どものマイナンバー通知のものが出せればもらっておきましょう。被扶養者認定の申請の際に必要になる可能性があります。出生間もない頃は、まだマイナンバー発行がされていないことがあるので、その場合は2週間以内くらいに役所からマイナンバー通知が送られてくるので、それを待ちましょう。

■被扶養者認定のマイナンバーについて

被扶養者認定については、所属している法人の社会保険の種類によって提出書類は異なるかもしれませんが、少なくとも、上記の書類を全て準備しておけば、まずすぐに申請書提出は出来るはずです。さらに、被扶養者認定申請においては、申請書の中にマイナンバーの記載が必要という場所がありますが、最悪分からない場合は未記入で出して大丈夫です。実際私もマイナンバーの番号がわかりませんでしたが、マイナンバーが記載されていなくても被扶養者認定申請書の提出は問題ありませんでした。子どもの一ヶ月検診までには、子どもの保険証を準備したいものですので、出来れば産まれて2週間以内に全ての手続きを終わらせておく事をお勧めします。保険証が届くまでが、実際薬2週間程度かかりますので、この計画で動くといいでしょう。

■面倒な作業はさっと終わらせよう!

出産は非常に感動的なものですが、事務的な手続きによりすぐに現実に戻されます。ですので、めんどくさい事務的な手続きは一気に終わらせられる様にしましょう。市役所に行くと結構たらい回しにされたり、知識の無い和若い人では、申請に際して手間取ったり、実際必要な書類を分かっていなかったりするので、全て自分で調べて行う事が重要です。私も次男で二回目ですが、人生で頻繁にしない手続きなので覚えておくのも難しいでしょう。だからこそ、再度自分で確認して徹底することが重要です。ぜひ参考にしてもらえたらと思います。このような手続きは時間がかかれば掛かる程、めんどくさくなり後回しになってしまいがちなのでさくっと終わらせましょう。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]