子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

最年少で卓球の世界選手権代表に!張本智和選手に学ぶ積み重ねとは?

time 2017/02/16

最年少で卓球の世界選手権代表に!張本智和選手に学ぶ積み重ねとは?

若くして成功を掴む子どもはいったいどこが普通の子ども達と違うのか?考えてみた事ありますよね?うちの子もがんばれば…と思うのは、親であればだれでも考えることだと思います。今回は世界最年少で卓球の世界選手権代表に選ばれた張本智和選手のインタビュー記事から、成功するために大事な事を考察してみました。

スポンサーリンク

sponsored link

■今日も明日も、そして明後日も努力すべし

張本選手はどんな考え方の持ち主か?インタビュー記事の中に、“どんなに強い相手でも努力すれば試合で勝てる”という言葉を話していました。これは、どのアスリートでも共通していることだと思います。自分を信じて努力する事、これが一番重要だと話していました。努力する事とさらっと言えるのは、自分が日々努力を惜しまずに研鑽している証拠です。しかも若干13歳で毎日努力する事を意識して生活することは並大抵のことではありません。誘惑もたくさんあります。友人と遊びたい、ゲームがしたい、寝たい、だらだらしたい、めんどくさい、などなど誘惑はあげれば切りがありません。しかし、その一つ一つの誘惑に勝つ為に必要なのが、努力し続ける覚悟です。張本選手は、学校から帰るなり練習の毎日です。毎日毎日ひたすら練習、この繰り返し。なぜ、そんなことが続けられるのか?「大変だと思う事もあるけれど、強くなりたいから」このシンプルで強靭な軸(覚悟)こそ、張本選手の努力の支えになっているんですね。

■考える力もつける事

張本選手のすごいところは、勉強面でも手を抜かないことです。練習が終わると、宿題そして予習と忙しい合間を縫って、勉学にも励んでいます。なぜ、勉強をするのか?「勉強をすると考える力がつきます。なぜこうなるのか?を考えることは、卓球にも役に立ちます。」と答える張本選手。卓球への努力もそうですが、勉学も卓球に繋がっていると考える事で、勉学でも手を抜かずに努力をしているんですね。“努力をすれば自信に繋がります。積み重ねが大事なので、どんな時でも頑張ろうと思います”こう話す張本選手は非常に大人に見えます。努力の積み重ねが自信になる、そしてその努力は場面を選ばない、例え気分が乗らないような時でも決して止めずに、努力し続ける姿勢があります。この姿勢を身につける事が、突き抜けた才能を発揮する為に最も重要なことだと感じます。

■気持ちでは絶対に負けない

スポーツ選手において、日本人によく言われるのがメンタルの弱さ。このことを知っているからこそ、張本選手も決して気持ちでは負けないと話をしています。ここでの心構えとして、“どんなに強い選手でも勝ちたいという思いが小さい頃からあります。気持ちでは負けたくないです”と話していました。どんなに強い選手でも勝ちたい気持ちで絶対に負けない、そう自分に義務を課しているんですね。試合をする前から相手の雰囲気や実績に呑まれることがないのは、この信念でもあるような自分のスポーツに対する姿勢があるからでしょう。

■目標を維持する為にひたすら努力

目標をもってひたすら突き進む、その先に自分が立ちたい場所がある、という風に目標に向かって一心不乱に努力する事が大切なことを、張本選手は経験からこの若い年齢で理解しているんですね。そして毎日行動していること、これが本当に重要なことです。目標を設定するのは結構簡単です。しかしその為の具体的な施策を日々、積み重ねて行く事が出来る人は多くはありません。人は意思が弱い生き物です。意思の力だけでは、到底努力を積み重ねて行く事は難しいでしょう。では、どうすればいいのか?今回の張本選手の話から分かる事は、努力し続けるためのメンタル面での覚悟、そしてどんな場面であっても必ず努力をし続けるという信念、この覚悟と信念があって初めて行動を継続して行けているんですね。なかなか毎日行動するという事は難しいですが、心のあり方を変えることで(自分はこうなるんだという覚悟を持つ事)高い確率で小さな積み重ねを実行出来るはずです。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]