子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

人と比べるなら努力の差を比べろ!!相手の良いところと比べるな!!

time 2017/02/16

人と比べるなら努力の差を比べろ!!相手の良いところと比べるな!!

日本人がよく相手と自分を比較して、相手と違って自分はだめだと思う事って多くないですか?私は多かったです。あいつは出来てなぜ自分は出来ないんだ?とばかり考えて、結局自分で勝手に凹んでいました。しかし、よく人と比べるな、自分は自分でいいんだと思おうという風潮が最近では主流になって来ているように思います。確かに自分は自分でいいんだと思う自己肯定感は非常に大事です。ですが、子どもが成長することにおいては、競争して相手と比べる事も重要です。この資本主義の世界でも他者のサービスに負けないいいサービスをという姿勢が、社会を成長させて来た事を考えると、比較は悪い事ばかりではないはずです。今回は他者と比較するならここを比較せよというポイントの話をしようと思います。

スポンサーリンク

sponsored link

■まずは自分を知る事から始めよう

まずは、何事においても自分を知る事が重要です。どんなことでもまずは自分を知らないと始まりません。例えば起業で例えると、自分たちの強みや提供しているサービスなどが、市場でいったいどのよに受け入れられているのか?ということを知ることです。でないと、今の自分たちの立ち位置がわからないからです。サービスがよく受け入れられているかもしれないし、逆もあり得ます。まずは自分の立ち位置を知り、その上で競合他者と比較する事が重要です。比較は自分の立ち位置を知って初めて意味が出て来ます。

■誰と比較するのか?何を比較するのか?

自分の立ち位置を把握したら、いきなり比較するという事は止めましょう。自分とあまりにも違う立ち位置の人と比べても何の意味もありません。自分を知った後は、自分が目指す目標(どうなりたいのか?)をしっかりと立てます。そしてそのために何をすべきかを自分なりにまず考えておきます。出来れば、一日に何をするか?という具体的な行動目標まで持てれば非常に理想的です。そして、そのあとすぐに実践しましょう。行動しましょう。まずは一ヶ月程自分の目標の為に行動しましょう。行動しないと目標を絶対に達成出来ません。ですので、何においても行動しましょう。一ヶ月程して、自分を振り返ります。ここまで来て初めて比較ということを考えましょう。ここで誰と比較するのか?何を比較するのか?が重要になります。ここで比較する相手を選ぶ基準は、自分がどうなりたいかの木標に沿って決めます。ですので、自分がなりたい、ありたい姿に近付く為にその方向性で頑張っている人、あるいは達成してその先へ進んでいる人と自分を比べます。そして、比べる事はは自分と相手とで方向性は同じはずなので、そのありたい目標を達成するために何をしているのか?を比較します。ここで、初めて自分と相手との差を知ります。筋トレで成功している人の行動習慣を知れば、自ずと自分の生活習慣で足りない部分が見えてくるはずです。

■足りない部分をどうしたら補えるかを考える

相手と比較して、自分に足りない部分を認識出来たら、次にその足りない部分をどうやって埋めるのか?を必死で考えます。この時に自分なりに考える事が必要です。成功の秘訣は相手と同じ事をすることではありません。完全に真似をするなという事ではありませんが、少なくても真似であっても時分のオリジナルを詰め込む事が必要です。そして時分で考えた方法をまた一ヶ月程実践しましょう。そしてまた振り返ります。この繰り返しをひたすら行い、足りない部分を補う為に行動することが必要です。

■比較するのは、凹むためじゃない!成長するため!

比較する事自体は悪い事ではありません。ただ誰と何を比較するか?に焦点を当てる事が重要です。でないと、比較はしたけど、凹むばかりということになりかねません。比較ばかりして凹む人に多い間違いは、相手と比べるときに自分が足りない部分に焦点をあて、それを克服する事に注目せずに、自分はダメだと思うことに注力してしまうことです。これでは何の為に比較するのかわかりません。こういった捉え方をしやすい人にとっては、相手と比較する事に何の意味もありません。しかし、実際はこういった比較の仕方をすることの方が多いんですね。ですから比較する事=ダメな事という流れが出て来ている様に思います。比較することは凹む為でも、自分より劣っている相手と比較して相手よりも有利だと認識するためでもなく、ただ自分を成長させるための糧とするためです。ですので、相手と自分を比較するときには、自分が足りない部分を認識し成長するためには何が必要か?というポイントに注目して比較する様にしましょう。きっと今よりもすごい自分に出会えるはずです。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]