子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

朝起きれない子ども!怠けているんじゃなくて起立性調節障害かも?

time 2017/01/29

朝起きれない子ども!怠けているんじゃなくて起立性調節障害かも?

朝起きない子どもに早く起きなさい、って言ってもなかなか起きてこない。何度言ってもダメ。高校生だから出席日数が足りなくなっちゃう。そんな悩みを持たれている保護者の方は意外に多いです。でも、朝起きれないのが病気だなんてあんまり考えもしないものですよね?あまりにも朝起きれないという状態が続き、夕方に元気になるようであれば起立性調節障害の疑いがあります。ただの怠けに見えてしまいますが、実はそうでは無いんです。

スポンサーリンク

sponsored link

■まずは子どもに話を聞いてみましょう

まずは、お子さんの話をしっかりと聞いてみましょう。朝起きれない、ということだけでお子さんを責めることがどうしても多くなってしまいます。イライラしますし、学校にも行かない、もうどうして?と保護者の方も辛い思いをされていると思います。ですから、まずは落ちついて子どもの話を聞いてみましょう。朝はどうして起きれないのか?昼に起きて元気になるのは自分でどう思う?といった事を、お子さんからじっくりと聞いてみましょう。起きたくないではなく、起きれないという状況が少しずつ見えてくると思います。

■日々の生活記録をとって見ましょう

お子さんの生活の様子を記録しておく事も有効です。起きれない=起立性調節障害とは限りません。うつ病や睡眠障害などの可能性もあります。ですので、お子さんの生活の様子、特に就寝時間と睡眠時間、朝起きれないのは何時頃までなのかなどをまとめておくと、お子さんの症状の改善に必ず役に立ちます。おおざっぱでもかまわないので、ぜひ記録を取っておきましょう。

■改善方法はあるの?

起立性調節障害は、朝が低血圧(血圧が上がらない)という理由で起きれないということが起こります。10代の特に中高生に多い病気なので、学校の登校に支障をきたすことがよくあります。さらに、最初に申し上げた様に、保護者の方もなかなか理解しにくい病気であるということが、病気の発見や改善に悪影響を及ぼしやすいです。ですので、こういう病気があるということをまずは知る事が、改善に繋がります。お子さんの病気を理解せずに、関わっているとどうしてもお子さんを責める事が多くなってしまいます。それがさらにお子さんを追いつめてしまい、精神的にも不安定にさせてしまいます。ですので、まずは起立性調節障害という病気を知る事が改善の一歩です。また、私のクラスで起立性調節障害の子がいましたが、現在通信制高校に通っています。通信制高校は絶対に朝来ないといけない、というプレッシャーがありません。昼からの登校でも問題が無いからです。そのおかげもあり、今では朝もしっかりと起きれる様になっています。起立性調節障害は思春期のお子さんの自律神経の不調です。自律神経は精神を密接に関わっているので、こういったプレッシャーを取り除いてあげる事で改善に向かう事もあります。

※通信制高校は、起立性調節障害でお悩みの方の一つの選択肢です。様々な学校のスタイルがあるので、ぜひご興味があるかたはこちらから一括資料請求が可能です。

【無料】通信制高校の一括資料請求

■補助にサプリメントも使ってみる!?

起立性調節障害は根本的な治療は、基本的に最初は非薬物療法から始めます。ですので、自分の生活で改善出来ることをやって行きます。

■自分で出来る改善方法12個

1、起床と就寝時間を3日ごとに30分ずつ早める。

2、1日約1.5リットル〜2リットルの水分をとる。

3、一日約10グラム〜12グラムの塩分摂取。

4、いきなり立ち上がらない。

5、立ち上がる時は、30秒以上足踏みしてから立つ。

6、歩く時は始めに頭を前にかがめる姿勢をとる。

7、温度の高い場所で過ごさない。

8、体調が悪くてもなるべく横にならない。

9、夕方に軽い散歩をする。

10、午後には出来るだけ登校する。

11、むくみ防止の靴下をはく。

12、夜9時以降のスマホ、ゲーム、PCを控える。

といったことを意識して行う事が大切です。全てを意識するのは難しいと思いますが、少しでも実践して行きましょう。ただ、これだけではなかなか上手く行かない場合は、薬物療法を実施します。これは低血圧を解消するため血圧をあげる薬を服用します。必ず医師からの処方を受けて飲む事が大事です。用法用量はしっかり守る事が必要です。ただ、薬は血管を収縮させて、無理矢理血圧をあげる様なものなので出来るだけ控えたいという方は、異なる一つの手段としてサプリメントも出て来ています。セルフ療法と合わせる事で試してみるといいかもしれません。起立性調節障害は自律神経の不調で、精神面と密接に関わっているというお話をしましたが、なかなか緊張がとれない、ストレスを感じやすいお子さんにはサプリメントを試してみるといいかもしれません。サプリメントの注文は以下のリンクからどうぞ。

※オススメサプリ:キリツテイン

朝が辛くて不登校に。そのまま放置しておくと・・・

■起立性調節障害との付き合い方

起立性調節障害はすぐに改善するものではありません。少しずつ改善をしていくものなので、長い目で見てあげましょう。学校面での不安は担任の先生に相談したり、思い切って通信制高校への転学を考えてみるのも一つです。通信制高校は随時入学可能です。ですので、あわてずにお子さんとしっかりと向き合ってみてください。ちなみに起立性調節障害は基本的に今症状がある方は3年後には80%の方が改善されています。ですので、いつまで続くのか?という不安よりも今の時期にしっかりと改善方法を実施していくことが大事になります。あなたのお子様にとって良い情報となれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]