子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

私学でも公立並の学費!!まだ間に合う!絶対おすすめ豊田工業大学

time 2017/01/17

私学でも公立並の学費!!まだ間に合う!絶対おすすめ豊田工業大学

英語愛知県にお住まいの方に今回はぜひおすすめしたい大学を紹介したいと思います。受験シーズンまっただ中ということで、まだ受験を迷われている方もいらっしゃると思います。公立を受けたいけれど、科目が多すぎて間に合わない!!そんな方にオススメなのが豊田工業大学です。なんとあの豊田が莫大な援助金を出しているため、学費が公立並みで通える私立の大学です。

スポンサーリンク

sponsored link

■いよいよ出願ラッシュ

いよいよ本格的な受験シーズン到来ですね。受験生にとっては本当にしんどい時期、そして最後の踏ん張り時です。これから私立の入学試験を皮切りに様々な学校が受験ラッシュに入ります。この時期に大事な事は、今まで自分がしてきたことを経験に自分を信じる事、そしてもう一つが最後まであきらめずにやりきる事です。実際前期中期試験でダメだった子でも最後の最後で後期受験をして受かったなんて話しは多いです。後期は受ける前に、今年はもうやめようと言う子も多いので、実際の倍率はそれほど高くなくなる可能性があるんですね。ですから絶対に最後まであきらめず頑張りましょう。

■工業系の大学なら絶対オススメ

■入試方法は?

豊田工業大学は、工業系に進みたいという理系の子にとっては絶対オススメです。試験方式はA方式とB方式があります。A方式だと5教科7科目なので公立学校を受験するような感じになります。科目は、英語、数学、理科、国語、血歴公民の5教科です。逆にB方式では、英語、数学、理科の3教科4科目となり私立の受験の方式で受験する事が出来ます。科目が多いのが嫌であればB方式で受けてみましょう。願書の受付期間は1月27日までとなっています。また最先端の技術を学ぶ事が出来ます。

■先端工学の基礎が学べる

工学の最先端領域を見据えながら、その基本的にな分野を幅広く学ぶ事が出来ます。従来の縦割り型教育と異なり、複数の分野を横断することによって、新しい領域を切り開く柔軟な発想力や応用力を育成する学科です。4年生になると卒業コースと進学コースがあります。学びの特色としては3つあります。①徹底した少人数性による全人的教育、②工学基礎と専門性を育てるカリキュラム(機会システム、電子情報、物資工学から主専攻を選び、さらに意欲的な生徒は副専攻として他分野も同時に学べる)、③社会人学生と一般学生が共に学ぶ環境これが豊田工業大学の特色です。

■具体的にどんなことが学べるの?

具体的にどんな事が学べるのか?主に3つの分野を学ぶ事が可能です。機械システム分野、電子情報分野、物質工学分野この3つを学ぶ事が可能です。もう少し詳しく見て行きましょう。

■機械システム分野

応用力学、流体力学、そしてメカトロニクスや加工プロセス工学など、先端知識を元に、熱、水、風などがもたらす現象の本質に迫り、独創的な機会システムを作りだすために必要が知識を学ぶ事が出来ます。

■電子情報分野

電子回路工学、ソフトウェア工学、制御工学、情報通信工学等を駆使して、情報システムやネットワーク、ロボットの制御理論、電子・光子を操るデバイスの研究といった情報、通信、電子・制御などをキーワードにした先端領域に必要な知識を学ぶ事が出来ます。

■物質工学分野

量子力学、物性力学、高分子材料学、さらには最先端のナノテクノロジーを駆使して、今後の時代が求める新しい物質や新エネルギーを作り出す研究を展開します。物質の本質を極めるダイナミズム魅力の分野です。

■気になる学費は具体的にいくら掛かるの?

学費に関しては、初年度は入学金や授業料を含めて95万円程、授業料が年額60万円なので二年目以降は諸経費をいれても65万円〜70万円ほどになります。ですので、総額4年で310万円程なので、普通の私学よりも100万円弱もしくはそれ以上安く入学出来ます。また工業系の大学でこの学費は非常に安価です。私学ならば、基本的に初年度の学費が150万円から200万円程かかります。ですので、工業系で私学なら絶対にオススメです。

■独自の奨学金制度でさらにお得!!

豊田奨学基金奨学金制度という独自の奨学金制度が豊田工業大学にはあります。学生の経済的な負担を少しでも緩和するための奨学金制度となっています。2種類の奨学金となっており給付奨学金と貸与奨学金があります。

■給付奨学金

給付奨学金については授業料の全額又は半額もしくは4分の一を給付してくれる奨学金です。条件は厳しいですが、学費が普通よりも安く成績をがんばってあげる事で、利用出来るのは魅力的です。専攻はちなみに半年ごとにあります。入学の1学期は入学試験の成績により判定されます。その後はそれぞれの学期のGPA等により専攻があります。

■貸与奨学金

学部生では貸与額が3種類あり、第一種、第二種、第三種となっており、順に6万円、4万円、2万円の貸与を受ける事が可能です。またこの貸与奨学金は完全無利子の奨学金になります。また日本学生支援機構の奨学金などと併用も可能です。

これらの奨学金が充実していて、なおかつ学費も安い、そして最先端の技術を学べるという三拍子揃っている大学はあまりありません。ぜひ東海圏にお住まいの方は一度検討してみてはいかがでしょうか?4月入学はまだ1月27日まで出願可能なのでぜひ出願してみてくださいね。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]