子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

赤ちゃんのアレルギーが心配!離乳期初期に鶏卵接種でアレルギー予防!

time 2017/01/12

赤ちゃんのアレルギーが心配!離乳期初期に鶏卵接種でアレルギー予防!

赤ちゃんのアレルギーって本当に心配ですよね?アレルギーが出そうだから、様々なものに注意しないといけない。特に一人目の赤ちゃんの時は我が家も本当に注意していましたね。そして、何より避けたいのが卵アレルギーです。なぜなら、ほとんどの食品に含まれている為、アレルギーになってしまうと食べれないものや除去食など本当に大変だからです。今回はそんなアレルギーで心配をされているあなたにオススメの、アレルギー予防法をお伝えします。ただ、専門医の意見も必ず聞く必要があるので、参考までにお話できればと思います。

スポンサーリンク

sponsored link

■アレルギーってどうやって起きるのか?

特に多いのが食物アレルギーというものです。食べ物に含まれるタンパク質などに、アレルギー反応を起こした状態のことを言います。唇・舌・のどのかゆみ・じんましん・嘔吐・下痢・鼻炎・せき・ゼーゼーする呼吸音・結膜炎など、身体の様々な部位に症状が現れるのが特徴です。重症の場合は気道の浮腫で呼吸困難になったり、血圧が低下してショック状態(アナフィラキシーショック)になり、命の危険が伴う場合もあります。原因となるのは、卵、牛乳、魚などの動物性食品が多いですが、小麦やそばなどの植物性食品に反応することもあります。ほとんどの食べ物にアレルギーになる可能性があります。

■アレルギーになってしまったら

症状にあった薬が処方される事が一般的です。さらに血液検査などの結果から、除去療法を行うこともあります。ただ、徐々にですが症状が軽くなることが多く、厳しい食事制限はあまりありません。しかし、保護者が自己判断で食物除去を行うのは厳禁です。専門の医師の指導のもと、原因となる食品を少しずつ食べさせて、摂取可能にして行く治療法が注目されています。

※代表的な薬

抗ヒスタミン薬(ペリアクチンなど)、抗アレルギー薬(ザジテンなど)、ステロイド薬入り塗り薬(ロコイド軟膏、キンダベート軟膏など)

■出来れば予防したい!卵アレルギーを予防する方法

アレルギーがなんとなく、徐々に回復する傾向があるのはわかったけど赤ちゃんにやっぱりしんどい思いはさせたくないものですよね。そのためには予防が大事ですが、これまでアレルギー予防という観点では食べさせないということがありました。しかし、今回ご紹介する方法は最近の研究で発表されたもので、全く逆の観点からの予防法となっています。

■卵アレルギーの予防の具体的な方法

その具体的な方法とは、離乳早期から逆に卵を少量ずつ与えるというものです。これは国立生育医療研究センターが発表した研究結果で、早期に摂取することでおよそ8割が予防出来るという新しい予防法です。与える方法としては固ゆで卵の白身の粉末を少量与えるというもので、少しずつ免疫を抑える細胞が活性化して耐性がつくということから、予防に繋がるということです。アレルギー反応は免疫機能の異常反応なので、早期から摂取することで免疫の暴走を抑える細胞が活性化し暴走を抑えられるということですね。

■食物アレルギー全般で使える?

これは、何も卵だけに限った話ではなく、それ以外の食品でも少量ずつ早期から摂取することで、免疫の活性化を抑える細胞の活性化に繋がると考えられて来ています。この研究がさらに進めば、アレルギーの予防法がしっかりと確立される日も近いかもしれません。今回ご紹介した方法は、あくまで専門医の指導のもと行っていますので、決して自己判断で行わない様にしてくださいね。

■アレルギー検査について

アレルギー検査では、何を食べて、どのような症状が出たかなど、家庭での様子の問診を行います。その後に血液検査を実施して、アレルギーの疑いのある物質に対して反応するIgE抗体の濃度w調べます。原因と思われる食物をいったん全て除去し、まったく食べない状態を続け、症状が改善するかどうかを見る除去試験をすることもあります。さらに医師の指導のもと、様子を見ながら除去した食物を食べ、反応を確認する食物負荷試験などがあります。

■食べた後の赤ちゃんの変化に要注意

赤ちゃんは自分がアレルギーになっても言葉で伝える事が出来ないため、アレルギーが出やすいとされる食物を食べる際は、いつも以上に赤ちゃんの様子に目を見張らせておくことが重要です。小さな変化も逃さずに観察しておくこともアレルギーで受診する際には重要なことになります。アレルギーは怖いですし、赤ちゃんにしんどい思いをさせてしまうことにも繋がるので、親が知っておくべき事は知る必要があります。医学も日々進歩しているので、間違った知識をそのまま蓄積してくのではなく、新しい考え方や治療法、薬の情報等は様々なところで発信もされているので、注意して見るようにしましょう。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]