子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

赤ちゃんの虫歯予防!絶対オススメな子ども用歯磨き粉!

time 2016/11/15

赤ちゃんの虫歯予防!絶対オススメな子ども用歯磨き粉!

赤ちゃんの歯が生えだして来た頃に気になるのが虫歯予防ですよね?、基本的に子どもは3歳になるまで歯の治療はなかなか出来ません。フッ素コートなどは小児歯科でやってくれるところもありますが、虫歯予防は日々の積み重ねです。なので、毎日の歯磨きをしっかりとすることが一番大事になって来ます。今回は私のブログでも何度がご紹介しているブリアンについて何故子どもにオススメなのか?再度詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

sponsored link

■ブリアンを初めて知ったのは?

虫歯予防

ブリアンを初めて知ったのは、ちょうど一年くらい前になります。私の息子は歯が生えるのが尋常じゃなく早く、6ヶ月で結構生えて来てました。そんな時に歯磨きを少しずつ始めました。最初はガーゼで口の中を拭くことから始めました。しかし、口の中に手が入るだけ噛み噛みされて、悶絶しそうでした。痛いっちゅうねん、というと辞めてくれますが、また口に入れると噛むということの繰り返しでした。その後子供用歯ブラシに移行してからも噛むことはおさまらず、歯磨きというよりも遊んでいる状態でした。そんな時に妻がこれ使ってみる?と取り出して来たのが“ブリアン”でした。

ブリアンはイチゴミルク味ということもあり、最初は口にいれるのも嫌がっていた息子が口に含んでくれる様になりました。その後は、少しずつ歯磨きにも慣れて今では、“歯磨きおいしい”と言う様になりました。何かおかしい気がしますが、しっかりと歯磨きが出来ている状態です。

■BLIS-M18って何?

ところでブリアンってどういう歯磨き粉なのか?というと、世界で初BLIS-M18という世界でも2%の子どもしか生まれてつき持っていない菌(虫歯菌を取り除く菌)を歯磨き粉として採用した歯磨き粉です。虫歯は基本この虫歯菌(ミュータンス菌)によって引き起こされます。これまで何度も私のブログで書いていますが、この虫歯菌に対して直接攻撃出来るものはなかったんですね。今回紹介しているブリアンは虫歯菌が大人から移った後でも虫歯菌を減らす効果があるんです。生まれつきの赤ちゃんは虫歯菌はありませんが、大人から移ってしまいます。その後に虫歯になっていくんですね。じゃあ虫歯菌が移らない様にすればいい、ということですがこれがなかなか難しい。これをブリアンは解決してくれるという訳です。

 

■歯磨きが上手く行かない場合の我が家の対処法

Post-natal depression, conceptual image

Post-natal depression, conceptual image

私たちはブリアンを使用し始めて一年になります。最初からブリアンだけで上手くいったかと言うと、そう上手くは行きません。確かにイチゴミルク味なので、嫌がることは減りました。しかし、ブリアンでしっかりと歯磨きをするためにそれだけではなく習慣化することを意識することが大事です。子どもが歯磨きを嫌がることはここ最近では減りましたが、少し前はブリアンでしっかりと磨くことはなかなか難しかったです。そこで、子どもが嫌いな物が虫さんなので、虫歯菌も虫だよー虫さんとろうねというと、歯磨きがしっかりと出来る様になりました。虫歯になると痛いよーとか言ってもまだ子どもは経験していないので上手く行かないことが多いです。そうではなく、虫は子どもは知っているので、それを利用するんですね。子どもは経験したことから覚えていくので、知っていることを上手く活用して歯磨きにつなげてみましょう。

■子どもはブリアン使って変わったのか?

実際にブリアンを使用して1年程経ちました。子どもの歯磨きも習慣化したことによって、1歳半から3ヶ月ごとに検診に行っていますが虫歯はありません。少し歯が弱っているところはフッ素コートをしてもらっている感じです。日々の歯磨き習慣と虫歯菌をブリアンで減らすことが虫歯予防になっています。ブリアンを使ってさえいれば大丈夫という訳ではありません。いろんな歯磨き粉がある中で、虫歯になる人がいるのは磨いていさえすれば良いということではないということです。口の中の口内環境を虫歯菌を少なく、食べかす等と出来るだけ少なくするということを心がけることが大事です。そういった意味でブリアンは正しく使えば効果的に働いてくれます。ですので、しっかりと歯磨きの習慣をつけていくこと、ブリアンで口内環境を整えてあげることこの二つが大事になって来ます。

 

■3歳までの徹底した虫歯予防の手助けに!

IMG_4314

正直ブリアンは今しか使えないと思った方がいいと思います。3歳までの期間でどれだけ虫歯菌の量をコントロール出来るか?これが虫歯が多い少ないを決定づけるといっても良いくらいです。それくらいこの時期の歯磨きは重要になって来ます。ブリアンを使えるのは今しかないということであれば、一度ぜひ試す価値はあります。虫歯予防は簡単なことではありません。ましてやしっかりと歯磨きを遣り切ることが難しいこの時期こそ、より効果が高い歯磨き粉を使用するべきです。でないと、あとからやろうはききません。我が家でもこのまま3歳まで徹底してブリアンを使っていこうと思います。

虫歯菌を減らすということはブリアンでしかできません。虫歯菌は増えますので、他の歯磨き粉ではフッ素コートなどは出来ても虫歯菌は減らず、リスクは減りません。それに比べてブリアンを使用することで、虫歯をしっかりと予防することが可能です。ぜひ、3歳までのお子様をお持ちの方はぜひ一度試してみて下さい。ちなみに店頭では売っていませんのでご注意を。完全にネットでのみ販売ですよ。

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]