子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

2歳の子どもが言うことを聞かない時の対処方法!アメとムチの効果的な使い方!

time 2016/10/24

2歳の子どもが言うことを聞かない時の対処方法!アメとムチの効果的な使い方!

子どもが言うことを聞かないこと多いですよね?

 

 

特に2歳児なんかはイヤイヤ期で全く聞いてくれない

 

 

まだ聞いてくれないだけなら良いんですが、

 

 

そこから癇癪を起こして、まったく落ちつかなくなることもしばしば

 

 

あーもうどうしたらいいの?

 

 

我が家も今ちょうどそんな時期ですので

 

 

癇癪を起こしてどうしようも無い時の対処方法などまとめてみました。

 

スポンサーリンク

sponsored link

■本屋でイヤイヤ期が発動したら

 

我が家は良く本屋に行きます。

 

 

私が本が好きなので、良く行くのですが

 

 

必ずタイミングを見計らう必要がありあます。

 

 

本屋に行くタイミングを間違うと、本屋でイヤイヤ期が発動してしまうからです。

 

 

基本的に本人に一杯かまって上げて、満足している時にしか、本屋は怖くて今はいけません。

 

 

子どもが満足してなくて、かまってほしいが残った状態で本屋に行くと

 

 

“売っている本を片っ端から投げられます”

 

 

“あげくの果てに、破ります”

 

 

そして

 

 

“買うことになります”

 

 

こうなる前にさすがに叱るのですが

 

イヤイヤモードなので

 

“泣く、喚く、ばたばたする”

 

この三拍子です。

 

なかなかこうなると落ちつかず、落ちつくまで時間がかかります。

 

①泣く➡②大きな声を出す➡③手足をばたばたする➡④体全体ですべてを拒否

 

の段階を経て行くのですが

 

今では、本屋は①がくるととりあえず外に出ています笑

 

■スーパーでイヤイヤ期が発動したら

 

次にスーパーでイヤイヤ期が発動したら

 

スーパーでイヤイヤ期が発動するきっかけ

 

①カートを押したがるのを止める

 

②わけも分からず次に次に食材を入れて行く

 

③おやつやジュースをねだる

 

が一番我が家では多いですね。

 

正直②、③は入れてから見えないところで治したり

 

ジュースはくださいしてから飲もうね

 

と言うと、最初お伝えした泣くの段階で落ち着けます。

 

問題なのは、カートをおすことを止めること

 

 

これは、他のお客さんの迷惑にもなるので

 

 

すぐに止めさせるのですが、全く話しが入りません。

 

 

すぐに②の大きな声をだすになります。

 

 

なのでこうなったら、

 

 

“一緒にカートをひたすらおします”

 

満足するまで

 

 

ですが、基本的に満足するのは店を出たあとくらいです笑

 

■お出かけ先でイヤイヤ期が発動したら

 

お出かけ先でイヤイヤ期が発動したら

 

よくあるのが、人ごみなのでだっこや肩車をしておろそうとする時

 

 

さあいつも通り発動です。

 

 

発動すると

 

 

是が非でもしがみつき、おりません。

 

再度抱き直したり、肩車しなおそうとすることも拒否になります。

 

首が折れそうです笑

 

しかし、本人はおかまいなしにしがみつきます。

 

 

もうどうしようもないので、おろします。

 

 

そこで落ちつくまで15分格闘です。

 

 

いろいろしょうか?と聞きます➡拒否

 

 

アイスやチョコは?➡拒否

 

 

だっこや肩車は➡拒否

 

最終的に無理矢理連れて行きます。

 

埒が明かないので笑

 

 

そこで癇癪までいくので

 

 

ママに落ちつかせてもらいます。

 

 

ぎゅーっとされていると

 

 

少しずつ落ちつきます。

 

 

んーお出かけ先はすぐに落ちつくまで時間が取れないので

 

 

難しいですね。

 

■お風呂でイヤイヤ期が発動したら

 

お風呂のイヤイヤ期

 

 

我が家は昼間昼寝をしているとスムーズにお風呂に入れます。

 

 

しかし、昼寝をせずにお風呂に入れると

 

 

すぐに癇癪までヒートアップ

 

 

そのままお風呂に突入です。

 

 

身体を洗い、頭を荒い、顔を洗う

 

 

ここまで慌てて5分程でやってしまいます。

 

 

そうしないと、暴れてこけて頭を打ちそうだから

 

洗ったあとは、座り込んでばたばたしだすので

 

その前に全て身体を拭いてしまいます。

 

最後の力を振り絞り、オムツを履かせます。

 

ここまできてようやく落ちつかせます。

 

オムツだけでもがしんどいですね。

 

 

全て拒否なので笑

 

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

我が家の場面ごとの状況をお伝えしました。

 

なるなるとかそうそう

 

と共感して頂けるところがあれば、幸いです。

 

子育ては長く辛いもの

 

子育ては楽しいもの

 

子育てがあるから生き甲斐がある

 

子育て出来ることが幸せ

 

いろんな言葉がありますし、きれいなことも汚いこともあります。

 

それが子育てなので、もちろん楽しんでやれればいいと思うので

 

少しずつでも、もう少し思い通りになってと思いつつ子育てして行きます笑

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]