子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

子ども仕上げ磨きは小学校3年生くらいまで!!虫歯0を目指す予防歯科の絶対に知っておきたい5つのこと

time 2016/10/09

子ども仕上げ磨きは小学校3年生くらいまで!!虫歯0を目指す予防歯科の絶対に知っておきたい5つのこと

小さなお子様をお持ちの方は

 

仕上げ磨きをどれくらいされていますか?

 

けっこうこれがめんどくさくて、どうしてもなあなあになってしまいがちじゃないですか?

 

ただ、そこから子どもの虫歯って出来てくるんですね。

 

歯科医の先生によると、3歳児検診までで

 

虫歯の多い子グループと少ないグループに別れるそうです。

 

この虫歯の多い子グループのお子さんは

 

時間を決めずに、飲み物やおやつを与えていることが多いそうです。

 

要は口内環境が常に糖分が入った状態

 

歯が解けやすい環境を整えてしまっているからなんですね。

 

今回は、こういった虫歯が多い子グループを多く出さないために

 

予防歯科という知識をあなたにお伝えして行きたいと思います。

 

できるだけ、子どもには痛い思いはさせたくないですもんね?

スポンサーリンク

sponsored link

■0歳〜予防するために生後4ヶ月から定期的な検診を

 

生後4ヶ月頃から定期的な検診を心がけましょう。

 

 

生後4ヶ月というと

 

首が据わるか据わらないかぐらいなので、据わってから行きましょう。

 

そして肝心の歯が生えていない時から検診に行きましょう。

 

これは歯並びが悪くならないこと、歯が痛くならないこと、歯を削らないこと

 

この3つを意識して取り組む予防歯科の考え方が基準に有るからです。

 

早期に検診を受けると、歯並び等を良くする訓練も受けることが出来ます。

 

あまり知られていませんが、呼吸方法が歯並びに大きく影響しています。

 

呼吸は自然と意識せずに毎日行う物なので、早いうちに習慣化を防ぎ

 

正しい呼吸法を身につけることで、歯並びがよくなるようにします。

 

■歯のクリーニング

 

歯科衛生士、歯科医師が歯のクリーニングを行ってくれます。

 

フッ化物やリン酸の入ったペーストを塗ってくれます。

 

これは歯の再石灰化を促進して、虫歯を予防するための物です。

 

■フッ素塗布

 

またフッ素塗布では、フッ素の力により強い歯質を作り虫歯を予防することが出来ます。

 

3ヶ月ごとくらいで、定期的に塗布すると効果的です。

 

1歳〜2歳くらいの子でも普通に塗布してもらえます。

 

■シーラント 予防効果大

一番虫歯に掛かりやすいのが歯のみぞ

 

この歯のみぞを削らすに掃除して、封鎖することにより虫歯になりにくくする方法です。

 

効果は人それぞれですが、20年以上長持ちする方もいらっしゃいます。

 

今やれば20代までは持つかもしれません!!

 

■ブラッシング指導

あなたも小学校の頃に、染め出しで歯を磨いて汚れた箇所の把握をしたりした記憶があると思います。

 

私も行いました。実際ブラッシング指導というのは、実は一番重要です。

 

歯医者に行っていればそれでオッケイ

 

ではなく、日々の習慣が一番重要になってくるからです。

 

予防歯科の一貫で、ブラッシング指導+子どもにあった歯ブラシを選ぶ

 

ということをしてくれる歯医者さんは実は多いです。

 

単なるブラッシング指導ではなく、お子様にあった歯ブラシで磨くことが

 

予防歯科の効果をあげてくれます!!

 

そして、何より最後にお伝えした通り

 

“仕上げ磨きは小学3年生頃まで”

 

を継続して行うことが重要です。

 

仕上げ磨きには、虫歯予防で効果がある“ブリアン”を併用することをお勧めします。

 

小さいお子様なら特に、イチゴ味なので楽しく歯磨きができちゃいます!!

ぜひ、お試しください!!

■まとめ

 

いかがでしたか?

 

予防歯科という考え方は、これからさらに浸透してくると思います。

 

実際に虫歯にならない人の菌を取り入れた歯磨き粉がブリアンですが

 

虫歯を根本的になくすことも、この先可能になるかもしれません。

 

しかし、それでも歯のケアは毎日の習慣

 

口臭などもあるので、しっかりと奇麗な口内環境を作るためにも歯磨きをしっかりと

 

毎日行いましょう。

 

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]