子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

もう無理!!子育てしんどい!!子育てが楽になるフレームワークの作り方!!

time 2016/10/04

もう無理!!子育てしんどい!!子育てが楽になるフレームワークの作り方!!

子育てもう無理!!

 

言うこと聞かないし

 

誰も助けてくれないし

 

どうしようもない

 

っていう感情に育児は時になってしまう時があると思います。

 

私の嫁も相当しんどい時期がありました。

 

子どもをたたいてしまう

 

そんな自分が嫌

 

ノイローゼになりそう

 

そんな時っていったいどうしたらいいの?

 

今回はそんな時期に活用したフレームワークの考え方をお伝えします。

 

スポンサーリンク

sponsored link

■子育てが嫌になったら…

 

私は子育て中ですが、本当に大変だなって思います。

 

実際私は昼間に仕事に出ているので、四六時中子どもと一緒にいるわけではありません。

 

それに対して、嫁はずっと一緒にいます。

 

ずっと一緒にるのは本当に大仕事だと思います

 

外に遊びに連れ出すのも大変だし、言うことはきかないし

 

友達はたたくこともあるし

 

もう大変のオンパレードでした。

 

そんな中嫁も本当にしんどくなってくると

 

家庭の中が息苦しくなってしまいます。

 

視野が狭くなり、もうどうでもいいとか負のサイクルに陥ってしまいます。

 

そうなると、子育てが嫌になってしまう…

 

もしあなたが今そんな状況なら

 

“まいっか”

 

と思えることを増やしましょう。

 

まいっかが増えると

 

これまで

 

〜しないとけない

 

〜やってはだめ

 

などの基準が一気に下がります。

 

これまで絶対に〜する

 

と決めていることで上がっていた、育児のハードルを下げてあげましょう。

 

特に一人目は

 

口に入れるもの、触るもの、全てをきれいに

 

体調管理も徹底しないと

 

などハードルがマックスになりやすい

 

そして、それを下げるのも簡単では無いです。

 

それは人に言われて下げれないから

 

なんですね。

 

自分のハードルの高さを周りから指摘されても

 

なかなか下げれない

 

そうでうよね?

 

大事な子どものことだからなおさらです。

 

一番子どものことを考えて分かっているのはあなたですから。

 

ただ、だからこそ“まいっか”を増やましょう。

 

■子どもをたたいてしまう…

 

子どもをたたいてしまうこと

 

ありますよね?

 

それだけ、子育ては追いつめられることがあります。

 

その人の性格

 

で終わらせては行けない程大変なことです。

 

けれども、子どもをたたくことはしたくない

 

当たり前ですよね。

 

たたきたくてたたいている訳ではない

 

そうではなく、追いつめられてたたいてしまう

 

っていうことなんですよね。

 

たたいてしまうときは…

 

お母さんもしんどいって弱音はきましょう

 

子どもの前でもいいですし、

 

旦那さんのまえでも良いです。

 

しんどいって言いましょう。

 

吐き出しましょう

 

人間やから当たり前です。

 

私の子どもは、ママが目の前で本当にしんどいってなっているのを見て

 

めんね〜って言ってました。

 

子どもにも伝わります。

 

むしろあなたの愛情は伝わっているから大丈夫です。

 

あなたも子どもにとったら大事な人だから

 

しっかりと弱音はきましょう。

 

■育児との付き合い方を変えてみる

 

育児との付き合いは長いですよね。

 

一ヶ月とか1年とかそんな長さではなく

 

一生ですよね。

 

 

だからこそ、長期で見ることが必要です。

 

どうしても

 

喋れない

 

遊べない

 

トイレが出来ない

 

〜出来ないに目が行きがち

 

でも〜出来るに向かっているから大丈夫です。

 

出来ない出来ないって思っているのは大人だけ

 

子どもはまったく思っていない

 

考えているのは、どうしたら出来るか?

 

これだけなんですよね?

 

歩けないって決めつけて歩けない子はいません。

 

自分でやろうとする意欲を守って上げてください

 

応援してあげてください

 

そして褒めてあげましょう。

 

こういう見方で子育てと付き合ってみる

 

子どもの一番の応援者はあなたです!!

 

■まとめ

今回ご紹介した方法をまとめると

 

①「まいっか」を増やす

 

②子どもの前でも弱音をはこう

 

③子どもの応援者として付き合ってみる

 

この3つです。

 

育児は長く、しんどく、そして幸せを感じられる人生のイベントです。

 

付き合い方は人それぞれですが、

 

どうせなら上手く付き合って行く方法を探したい物ですね。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです!!

 

スポンサーリンク

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]