子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

赤ちゃんの咳や鼻水!気になる原因と病院受診のタイミングとは?

time 2016/09/08

赤ちゃんの咳や鼻水!気になる原因と病院受診のタイミングとは?

赤ちゃんは何かと体調を崩しやすいですよね。

 

今回は赤ちゃんのそんな体調の変化でもよく起こる

 

咳がでる原因についてお話して行きますね。

 

咳は、期間に溜まった分泌液や異物を取り除いて、呼吸機能を正常に保つための防衛反応です。

 

ウイルスや細菌、アレルギー物質などので呼吸の粘膜が刺激された時、またウイルスや細菌が呼吸器の粘膜に感染し

 

て炎症を起こすと咳が出ます。

 

○咳をした時の音や全身症状に注意

 

声がかすれて呼吸が苦しそう、ひゅーひゅーぜーぜーなどの音がする、犬の遠吠えのような咳がでる、だんだん咳が

 

ひどくなる、高熱がでて元気も食欲もないなど、全身症状が悪いときは受診が必要です。呼吸困難になったら即受診

 

をしましょう。

 

スポンサーリンク

sponsored link

■咳が出始めたら、まず確認すべき4つのこと

 

①咳が出たときの状況を確認

いつどういう状況で咳がでるのかを観察します。一日中でるのか、それとも朝、昼、夜どれかの時に出るのか、布団

に入ったときか、春等の特定の季節か、または特定の食べ物を口にした時かなどを観察します。

 

②どんな咳なのか、音を聞く

ゴホンゴホンという咳、ケーンケーンという咳など、どんな咳なのか観察します。ヒューヒュー、ぜーぜーなど呼吸

の音が聞こえる等も気をつけてみましょう。

 

③咳以外の症状を見る

元気がない、機嫌が悪い、眠れない、食欲がないなど、全身の症状や普段と違う様子がないか注意しましょう。また

発熱や鼻水、のどが赤い、たんが出るなどの咳以外の症状も確認しておきましょう。

 

④飲んだり、食べたり出来るか与えてみる

赤ちゃんの場合は、おっぱいやミルクを飲めるか、またはおっぱいやミルク以外の水分が取れるか、離乳食がたべら

れるか、幼児の場合は、水分や食事がとれるかを確認しましょう。食べたり、飲んだり出来ないと脱水症状を引き起

こす可能性があります。

 

■咳が出ているときの病院受診のタイミング

【0〜3ヶ月】

※低月齢の赤ちゃんは気道が狭いので、ちょっとした咳でも急に悪化して呼吸困難を起こすことがあります。症状を良く観察して、受診するかを判断しましょう。

〈緊急受診〉

 □唇が紫色をしている

 □突然のどに何かが詰まった様に激しく咳き込んでいる

 

〈時間外でも受診〉

 □呼吸が苦しそう

 □一日中咳をして眠れない

 □ゼーゼー、ヒューヒューなどの音がして眠れない

 □水分が取れない

 □声が出ない

 

〈時間内に受診〉

 □咳以外に、発熱、鼻水、下痢、嘔吐などの症状がある

 □眠れているが咳が出る

 □咳が長引いている

 

〈ホームケア〉

 □咳が徐々に軽くなり、元気で水分が取れる

 

【4ヶ月以上】

※咳がひどくなっているときは、気管支や肺まで炎症が広がっていることがあるので、早めに受診しましょう。この頃からは特に誤嚥などにも注意しましょう。

 

〈緊急受診〉

 □唇が紫色になっている

 □突然のどに何かが詰まった様に激しく咳き込んでいる

 

〈時間外でも受診〉

 □呼吸が苦しそう

 □一日中咳をしていて眠れない。

 □ゼーゼー、ヒューヒューなどの音がして眠れない

 □水分が取れない

 □離乳食や食事が食べられない

 □声が出ない

 

〈時間内に受診〉

 □咳以外に、発熱、鼻水、下痢、嘔吐などの症状がある

 □眠れているが咳が出る

 □咳が長引いている

 □上記の症状はないが、気管支が弱い、ぜんそく気味と言われたことが有る

 

〈ホームケア〉

 □咳がだんだんと軽くなり元気で食欲がある。

 

■病院で先生に伝えておきたいこと

 ○ヒューヒューゼーゼーなどの咳や呼吸の音の特徴

 ○咳が出たときの状況(時間帯、直前に食べたもの等)

 ○鼻水、発熱など他の症状がないか

 ○機嫌や食欲など全身症状はどうか

 ○眠れているか

 ○喉に何か詰まらせている可能性はあるか

 ○咳で吐くことが多いか

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

今回は咳についてお話してきました。

 

最後にもう少しポイントをお伝えすると

 

“音がする時は、音がする部位をチェック”

 

息を吸う時や吐くときのどちらの時に音がしているのか

 

などを確認しましょう。

 

さらに、音が胸の上の方あるいは下の方で聞こえるかを胸にあてた感じを医師に伝えると非常に効果的です。

 

ぜひ、少しでも医師に正確な情報を伝えた上で、対処できれば幸いですね。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]