子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

ミッキー大好き!!息子にディスニー英会話を聞かせていたら思ったよりもディズニーが大好きになった様子!!

time 2016/08/05

ミッキー大好き!!息子にディスニー英会話を聞かせていたら思ったよりもディズニーが大好きになった様子!!

ミッキー大好き!

 

ということで、ディズニー英会話で英語を学ばせよう

 

英語を好きになってほしい

 

という思いから始めましたが、

 

予想に反して、英語ではなく、ディズニーを好きになりました笑

 

スポンサーリンク

 

■英語よりもミッキー

 

   これからの時代は英語が必須

 

 

  ということで、3ヶ月の頃〜ディズニー英会話を実施。

 

 

  実際にどのように使っているかというと

 

 

  最初の頃は、聞き流し

 

  スピードラーニングかよ

 

  という感じですが、本当に一日かけっぱなしです。

 

  プレイアロングというベーシックなCDをひたすら流しています。

 

  DVDもあるので、視覚(イメージ)と聴覚(音)を一致して言葉を理解して行ける

 

  ように流していました。

 

 

  また、この頃聞き流しが良いのは

 

  CDなどで音を聞くことで、英語の音(日本語にはない音)をインプット

 

 

  出来るかららしいです。生まれてからの数ヶ月しか、この音の聞き取りは出来ないとのこと。

 

  私たち大人は難しいみたいです。

 

 

  という感じで、英会話教材をつかっておりました。

 

  最初の教材では、ミッキー等は頻繁に出てこないのですが

 

  しばらくすると頻繁に顔を出す様になります笑

 

  一歳くらいまでは聞き流しでしたので、どういう効果があるのか?

 

  はっきり言って分かりませんでした。

 

 

  効果が現れたのが、一歳3ヶ月頃

 

  少し喋れる様になって、ベッキー(ミッキーのこと)とテレビを指差して

 

  息子が言い始めました。

 

 

  最初、何を言っているのか?

 

  ???

 

 

  でしたが、ベッキー=ミッキーだと分かりました。

 

 

  それからは、もうミッキーさらにドナルドやその仲間達も大好きになり

 

 

  ことあるごとに、つけろといってきます。

 

 

  もはや、英語よりもミッキー

 

 

  今はそんな状態です笑

 

 

 

sponsored link

■ミッキーをメインに英語をサブに

 

 それからは、逆に開き直って

 

 ミッキーをメイン

 

 英語をサブに考える様になりました。

 

 そして、とにかく動画やCDを名一杯聞かせてやりました

 

 一緒に踊りもします笑

 

 案外楽しいんですね。わかりやすくて。

 

 なので、一緒に歌って踊って動画を見るという繰り返し

 

 すると2歳になってから、日本語で単語を話す様に

 

 英語で単語を発する様になりました。

 

 クラップ(拍手)やハロー(こんにちは)など

 

 意味も何となく分かっているようで

 

 挨拶でハローを言うこともあります。

 

 この2歳の頃は特に、まねっこが大好きなので

 

 親が使う言葉や耳に入る言葉(我が家はDVD言葉ですが)

 

 を学習していきます。

 

 ですので、非常に英会話がスムーズに入っている様子。

 

 ただ、まだまだですが笑

 

 最初はミッキーだけ好きになったら、どうしようという感じでしたが

 

 ミッキーが好きだから英語も好きになる

 

 喋ってみる

 

 

 というサイクルが出来ている様に思います。

 

 

 これは、お子さんの教育にとって非常に大切な考え方だと思います。

 

 実際に好きでもないキャラクターが喋っていたりすると

 

 興味がわかない

 

 これだと、学習にすらなりませんよね。

 

 

 まずは、興味関心を持つこと、疑問を持つこと

 

 これが学習の第一歩なので

 

 

 ディズニー英会話を通して、

 

 英語に興味を持つ様になったと思います。

 

■まさかのプラレールまでディズニー

mikki1

 

 見てもらっているのは、トイザラスでもある

 

 トウ−ンタウンベーシックセット

 

 

 息子は、電車やバスも大好きです。

 

 その中でも一番はやはりミッキーなどのディズニーらしく、この電車を買いました。

 

 

 電車を見ても

 

 

 “ベッキー”です。

 

 

 これは、まだ言っています。

 

 

 ミッキーが言える様になるのはいつのことやら💦

 

 なかなか面白いですが、いざ英語を構えてやってみたけれど

 

 実際やってみると、勝手に子どもが興味を持って学んで行く

 

 

 それがやはりすごく大事なことだなと改めて思います。

 

 学ぶには“好き”があって当たりまえ

 

 

 “好き”が無ければ、頭にはいる訳が無い

 

 

 

 学習の基本だと思いますが、苦手と思わせる前に

 

 キャラクターで塗り固めれば、難しくても好きになる可能性が大いにある

 

 ということですね。

 

スポンサーリンク

 

 今回も最後までお読み頂きありがとうございました。


子育て支援 ブログランキングへ

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]