子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

一時保育を利用する事で子どもと離れる時間を作る事が重要な訳とは?

time 2016/07/18

一時保育を利用する事で子どもと離れる時間を作る事が重要な訳とは?

子育てで一番しんどいのが

 

 

四六時中子どもと一緒にいることだと思います。

 

 

人にもよりますが

 

 

自分の好きなことを我慢して

 

 

 

ずっと子どもと一緒にいるのは

 

 

 

相当なストレスです。

 

 

 

子どもと一緒に過ごす時間は本当に大切ですが

 

 

 

それと同じくらい自分の時間を持つことも重要です。

 

 

 

今回はそんな子どもと離れる時間が重要な訳についてお話していきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

■子どもとずっと一緒にいると…

Post-natal depression, conceptual image

 子どもとずっと一緒にいると

 

 

 かわいいから

 

 

 イライラするようになってしまいます。

 

 

 それが継続すると

 

 

 産後うつなど精神的にまいってしまいます。

 

 

 子育ては根気が必要です。

 

 

 ここまでがんばれば終わりという

 

 

 終わりが見える訳ではないので

 

 

 無理をしすぎずに

 

 

 適度に息抜をすること

 

 

 これが非常に重要になります。

 

 

 張り切ってやりすぎると

 

 

 しんどくなって息切れしてしまいます。

 

 

 特に精神的に不安定な方

 

 

 自分の時間がないとしんどくなる人は

 

 

 しっかりと自分の時間を確保することも

 

 

 意識する事が大切です。

 

 

 

■自立の練習の為に…

預ける

 私の記事の中で

 

 

 “三つ子の魂百まで”

 

 

 

 という記事も載せていますが

 

 

 

 3歳までは愛情をしっかりと与えてあげる事が重要だと

 

 

 思っています。

 

 

 3歳までの環境で満たされているのと

 

 

 満たされていないのとでは

 

 

 

 大きな違いが出てくるからです。

 

 

 

 ただ、それ以上にバランスは大切です。

 

 

 

 四六時中一緒にいる事が

 

 

 大事という訳ではなく

 

 

 要所要所で子どもと向き合って

 

 

 

 関わる事、それが大事なポイントです。

 

 

 ですので、離れる事が絶対にダメというわけではありません。

 

 

 子どもは、保育園などに行く時

 

 

 分離不安を起こします。

 

 

 

 お母さんと離れてしまう

 

 

 どうしよう?

 

 

 パニック状態ですよね。

 

 

 しかし、これを繰り返して

 

 

 保育園にママが迎えにくるという事が

 

 

 分かると

 

 

 分離不安も落ち着いてきます。

 

 

 そして、自分で新しい環境になれ

 

 

 自立にむけて第一歩を踏み出して行きます。

 

 

 ですので、自立の練習として

 

 

 離れる事も必要だと考えています。

 

 

 愛情をもらえる環境があって

 

 

 自立の練習をしていくことが

 

 

 子どもの成長にとっても大事なことになります。

 

■私立の幼稚園や保育園は高いからこそ一時保育利用を検討

 

 最近は待機児童問題が大きく取り上げられ

 

 

 ただでさえ、公立の保育園に入所させるのが難しい

 

 

 そんな時代です。

 

 

 そして公立がダメで、私立にする

 

 

 という選択もあるが

 

 

 月に4から5万円程

 

 

 高いわ

 

 

 っていう話ですよね。

 

 

 その時間にパートで働いたとしても

 

 

 一気に保育料の支払いで消えて行きます。

 

 

 そんなことならどうしたらいいのか?

 

 

 だからこそ

 

 

 一児保育がある自治体ではこれを活用しましょう。

 

 

 大阪だと一日3000円程ですが

 

 

 私のいる名古屋などは一日1500円です。

 

 

 これなら、少し節約すれば

 

 

 時間を捻出することが出来ます。

 

 

 毎日一緒ではなく

 

 

 少しの費用を払って

 

 

 一日リフレッシュの時間を持つ事

 

リフレッシュ

 

 これは子どもにとっても大切で

 

 

 

 毎日預けられるよりも

 

 

 

 少し離れる時間がある方が

 

 

 

 お互いにリフレッシュになるんですね。

 

 

 ぜひ、市のリフレッシュ保育を利用してみましょう。

 

■まとめ

 

 今回は、子どもとは慣れる時間が重要な訳ということで

 

 

 ○自立の練習になる

 

 

 ○お互いにリフレッシュになる

 

 

 この二つをお話してきました。

 

 

 子どもとの距離を適切に保ちながら

 

 

 子育てですべてを犠牲にする

 

 

 という訳ではなく

 

 

 

 子育てを楽しむ為に

 

 

 自分の時間もぜひ大切にしてください。

 

 

 そして、ぜひお父さんも頑張って育児の手伝いをしましょう。

 

 

 一時保育も利用出来ますが

 

 

 父親保育(日曜等)で

 

 

 お母さんの時間を作ってあげる事も大切ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 今回も最後までお読み頂きありがとうございました。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]