子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

不眠症やうつ病でも通信制高校だと案外通える理由とは?

time 2016/07/14

不眠症やうつ病でも通信制高校だと案外通える理由とは?

不眠症やうつ病など

 

 

これにより不登校になる子ども達が増えています。

 

 

実際にこのような状態に陥ってしまった際に

 

 

通信制高校という選択はどうなのか?

 

今回はこの部分についてお話させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

■うつ病や不眠症で朝起きれない

 

 

  うつ病や不眠症の子は

 

 

  生活が不規則です。

 

 

  そして体調の善し悪しもその日その日で

 

 

  変わってきます。

 

 

  実際に普通高校では

 

 

  毎日通わないと出席日数の兼ね合い

 

 

  だいたい3分の一以上の欠席になってくると

 

 

  留年になる可能性が出てきます。

 

 

  学校に行きたくても

 

 

 

  なかなか行けないということもなかなか

 

 

  理解されずに

 

 

  ただ、行く事だけを強要されてしまう。

 

 

  そのような環境に身を置く事で

 

 

  自分を追いつめてしまい

 

 

  ますます学校に行けなくなってしまうという

 

 

  悪循環がおきやすいのが

 

 

  全日制高校の弊害だと思っています。

 

 

■通信制高校を最大限利用する

 

 

  上記のような意味では

 

 

 

  自分の体調の良いときに

 

 

  通える環境を用意できる

 

 

  という点では

 

 

  通信制高校は非常にメリットがあります。

 

 

  自分が通えるときに通える

 

 

  という安心感が自分の病気の症状を

 

 

  和らげるのに

 

 

  一役買ってくれる場合もあります。

 

 

  このようにして

 

 

 

  自由だから

 

 

 

  という理由だけを見るのではなく

 

 

 

  自分の環境にあった環境をを作る

 

 

  という意識で通信制高校

 

 

  を最大限利用してもらえればと思います。

 

 

■強制しないからこその魅力

 

   通信制高校は

 

 

   全日制高校と比べて

 

 

 

   強制力が弱く感じると思います。

 

 

   もちろん最悪やってはいけないこと

 

 

   などのきまりは有りますが

 

 

   校則などは無いところもあります。

 

 

   ですので、本当に自分で自己管理をする

 

 

   必要があります。

 

 

   自己管理をするのが難しいと

 

 

   ただらくだから

 

 

 

   という意識に行ってしまいがちですが

 

 

 

   自由という事は

 

 

   責任を自分で負う

 

 

 

   ということにもなります。

 

 

 

   いち早く自立したい

 

 

   という意味でも通信制高校は魅力的な部分だと

 

 

   思っています。

 

■まとめ

 

 

  実際に通信制高校

 

 

  はいったいどうだろうか?

 

 

 

  よくわからないという子が多いと思います。

 

 

  まずはいろいろなところを見てもらって

 

 

 

  自分の体調を自分で調整して

 

 

 

  ゆっくりと通える環境を整える

 

 

  という意味では

 

 

 

  通信制高校は非常に

 

 

  おすすめの学校種の一つです。

 

スポンサーリンク

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 


子育て支援 ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]