子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

プロ家庭教師のジャンプ?発達障害を請け負うプロの家庭教師とは?

time 2016/07/05

プロ家庭教師のジャンプ?発達障害を請け負うプロの家庭教師とは?

プロ家庭教師ジャンプ

 

 

聞いた事がある人もいると思いますが

 

 

“発達障害”の子どもにも対応している

 

 

プロの家庭教師です。

 

 

今回はジャンプについてお話していきますね。

 

スポンサーリンク

 

 

■発達障害をお子さんを抱えるあなたへ

母

 

   発達障害の子どもさんを持つあなたにとって

 

 

   不安は毎日つきないものですよね。

 

 

   友達とも上手く行かない

 

 

   勉強もできない

 

 

   落ち着きも無い

 

 

   この先本当にどうなるんだろう?

 

 

   漠然とした不安が押し寄せてくると思います。

 

 

   この中でも特に

 

 

   “学習や進学に関する不安”

 

 

   これは非常に大きい物だと考えています。

 

 

   子どもにあった教育環境を探す事

 

 

   これがいかに大切で難しいことか

 

 

   探してみて初めて気づく事だと思っています。

 

 

   今回はそんなあなたに

 

 

   少しでも何かのきっかけになれば

 

 

   幸いです。

 

 

 

 

■学習の不安

不安5

   学習の不安

 

 

   勉強が出来ない

 

 

   どうしよう?

 

 

 

   このように考えてしまうと前に進めません。

 

 

   ですので、考え方(質問の仕方)を変えましょう

 

 

   例えば、何の教科が出来ないのか?

 

 

   どこの部分が出来ないのか?

 

 

    やり方は理解しているか?

 

 

    言葉の意味は?

 

 

    座ってられないないなら、どうしたら座れるか?

 

 

    このようにそれぞれの課題に対してどうしたらいいか?

 

 

    を考える様にしましょう。

 

 

    すると、すこしずつ勉強のきっかけがみえてきます。

 

 

    ただ、そのためには日頃の学習態度や

 

 

    生活面をしっかりと見ておく必要がありますよね。

 

 

    これを共働きのあなたがやるのは、本当に骨が折れますよね。

 

 

    そこで、家庭教師という選択肢を使いましょう。

 

 

    子どもの勉強出来ないを

 

 

    こうすれば出来るんだに変えるには

 

 

    手伝ってもらうことも大切です。    

 

 

■アスペルガー等の発達障害児童への学習アプローチのポイント

アプローチ

   ジャンプでの

 

 

   発達障害児童へのアプローチの方法

 

 

   “認めて伸ばす”

 

 

   ぶれない軸はこれだけです。

 

 

   あなたが見るお子さんの得意な事はいったいなんでしょうか?

 

 

   教科で得意な事は?

 

 

   逆に嫌いなことは?

 

 

   このようにして、その子の好きな科目、嫌いな科目を把握すること

 

 

   ジャンプではこれを絶対的に重要視しています。

 

 

   通常の学校教育では

 

 

   みんなと同じ授業 

 

 

   同じ科目

 

 

   同じ時間を過ごさなければなりません。

 

 

   発達障害の子は

 

 

   他の人よりもこだわりが強く出る事が多く

 

 

   嫌な事はとことんしたく有りません。

 

 

   そんな中で嫌な事を強要されていたら

 

 

   どうなるでしょうか?

 

 

   きっと勉強が嫌

 

 

   しなくなるでしょう。

 

 

   ジャンプではそうではなく

 

 

 

   好きな事を得意な事を徹底的に伸ばす

 

 

   そして苦手をフォローする

 

 

 

   という姿勢で取り組んでいます。

 

 

   子どもを認めて伸ばす

 

 

   これが発達障害児童への学習アプローチで

 

 

   大切にしている事です。

 

■ジャンプでは

ジャンプ

  発達障害と呼ばれる

 

 

  自閉症スペクトラム障害

 

  学習障害

 

  注意欠陥多動性障害

 

 

  などに対応しています。

 

  その根本が認めて伸ばす

 

 

  そして大事なポイントとして

 

 

  ①比べない

比べる

  

 

  ②成長する事を忘れない

自分と比べる

 

  ③サポート環境

サポート

 

 

  ④個々にあった学習法

 

個々に

  を提案し続けます。

 

 

  もしあなたが今本当に困っているなら

 

 

  一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

■まとめ

 

  いかがでしたか?

 

 

  あなたの悩みが少し和らぐ物であれば幸いです。

 

 

  発達障害の子は

 

 

  出来ないが見えすぎるので

 

 

  出来るを少しずつでも見つけていってあげたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 


子育て支援 ブログランキングへ

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]