子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

AO入試開始!!大学専門学校どっちでも使える小論文の極意!!

time 2016/07/01

AO入試開始!!大学専門学校どっちでも使える小論文の極意!!

夏も近づき受験生にとっては、山場の夏ですね。

 

 

今回はそんな受験生のために

 

 

大学、専門学校などのAOや推薦などで出くわす

 

 

小論文についてお話してきます。

 

スポンサーリンク

 

■小論文と作文の違い

 

 

  小論文と作文の違い

 

 

 

  それは、型の違いです

 

 

 

  要は、書き方が根本的にことなります。

 

 

  作文➡感想や体験を書いた記事

 

 

  小論文➡意見を述べる(私はこう思う)▶︎根拠を述べる(なぜなら〜だからだ)

 

 

  このように根本的に形がことなります。

 

 

■まずは型を知ること!!

 

 

  小論文をマスターして攻略するには

 

 

  まずは型を知る事!!

 

 

  自分の意見を述べる▶︎根拠を述べる

 

 

  この形で文を作れば、大枠がずれる事がありません。

 

 

  ですので、型を覚える事が一番最初にすべき事です。

 

 

  ただ

 

 

  自分の意見を述べる▶︎根拠を述べる

 

 

  これだけでは

 

 

  そんなん言われてもなかなか書けへんし

 

 

  という事があると思います。

 

 

  そんな人の為にもう少し具体的にお話していきます。

 

 

■型に沿って文章を書いてみる!

 

  前述した、小論文の形

 

 

  意見を述べる▶︎根拠を述べる

 

 

  これをもう少し具体的にわけて見て行きましょう

 

 

 

  例としてテーマを少子高齢化が出たとします。

 

 

  以下の画像を見てください

 

  少子高齢化

 

  この画像から何が読み取れるでしょうか?

 

 

  こういった図等のデータから小論文を書かせることも

 

 

  非常に多いです。

 

 

  この場合

 

 

  ①問題点をあげる

 

 

  ②その問題が起こっている背景(原因等)を述べる

 

 

  ③理由をふまえた上で解決策を提案

 

 

  ④まとめ

 

 

 

  このような流れで小論文を作る事になります。

 

 

 

  最初に伝えた型をさらに具体的にすると

 

 

 

  ①②③④のような流れになります。

 

 

  ①では例えば、日本は少子高齢化が顕著になってきていること

 

 

  最近のニュース等の知識があればそれも入れつつ

 

 

  少子高齢化の実際の様子を書いて行く。

 

 

  ②では少子高齢化になった原因を述べて行く

 

 

  例えば

 

 

  晩婚化、離婚、結婚に興味が無い、独身の方が楽、自由を求める

 

 

  などなどさまざまな原因があると思います。

 

 

  これらを伝える際に

 

 

  重要なのが知識量ですね。

 

 

 

  少子高齢化の知識が多い人は

 

 

 

  的確な課題の捉え方ができるため

 

 

 

  より有効な解決策の提示を行う事ができます。

 

 

  ③解決策の提案

 

 

  解決策の提案からまとめに入って行くので

 

 

 

  この部分は非常に重要なポイントになります。

 

 

  さまざまな原因が見えて来たところで④解決策の提示ですね

 

 

  解決策を提示するときは

 

 

  自分の知識をしっかりと引き出し、解決策を強く主張するために

 

 

  自分の経験や具体的な数字や友達の感想なども混ぜて行くと

 

 

  より効果的ですね。

 

 

  具体的な根拠となり得る部分をしっかりと伝えてあげる事が重要ですね。

 

 

  ④まとめ

 

 

   問題提起したところから

 

 

   問題が発生している原因について記述

 

 

   解決策までの流れを振返り

 

 

   結論を述べる

 

 

   このような流れで小論文を作成していきます。

 

 

 

■日頃から知識を広げる事が重要!

 

 

   型から文章を作れる様になれば

 

 

   あとはどれだけ書くか?

 

 

   書けるか?

 

 

 

   大事な事は書く量を増やす事

 

 

   もう一つ絶対にしないと行けない事は

 

 

   自分が行く大学の学部などの過去問のテーマを見る事

 

 

   そして予想を立てて、その周辺のテーマの知識を増やす事

 

 

   これが非常に重要になってきます。

 

 

   テーマに関する知識が多い程

 

 

   原因の追求が深まり、より効果的な解決策の提案に繋がるため

 

 

   総合的に小論文の評価が上がります。

 

■まとめ

 

   いかがでしたか?

 

 

   今回は小論文の書き方の極意という事で

 

 

   お話してきました。

 

 

   これから入試の方も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

   今回も最後までお読み頂きありがとうございました。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]