子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

夏休みのレジャーに向けて療育手帳割引など手帳の具体的な活用方法紹介!!

time 2016/06/29

夏休みのレジャーに向けて療育手帳割引など手帳の具体的な活用方法紹介!!

療育手帳の活用方法

 

 

これから暑くなって来て

 

 

 

レジャーに出かける事が増えてくると思います。

 

 

 

しかし、発達障害のお子さんを抱えていると

 

 

 

なかなか人ごみに出向くということがあまり無いかもしれません。

 

 

 

でもせっかくのレジャー、子どもと楽しい思い出のためにも

 

 

 

療育手帳を活用して

 

 

 

出来る限り負担を減らすレジャーの過ごし方をご紹介出来たらと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

■ディズニーで療育手帳(千葉)

 

 まずはディズニーランド

 

 

 夢と魔法の王国ですよね。

 

 

 子ども達も大好きなレジャー施設の定番ですね。

 

 

 年中人であふれ返っていますが

 

 

 療育手帳を活用すると

 

 

 ○アトラクションの列に並ばなくても良いんです。

 

  他の場所で待つ事が出来るんですね!!

 

 

  ディズニーランドでは入ってすぐの

 

 

  “メインストリートハウス”

メインストリートハウス

 

  というところで

 

 

  療育手帳を見せると

 

 

 

  “ゲストアシスタントカード”がもらえます。

 

ゲストアシスタントカード

 

  それをアトラクションの際に見せると

 

 

 

  並ばすに乗るまで待つ事が出来ます。

 

 

 

  発達障害の子は待つのが苦手という子も

 

 

 

  多いと思うので、アトラクションの待ち時間が長い

 

 

 

  ディズニーランドでは嬉しいサービスですね。

 

 

 

 

■万博公園で療育手帳(大阪)

 

  万博公園

万博公園

 

  万博公園では療育手帳を使用することで

 

 

  小学生80円 大人250円の入園料が無料(介助者一名含む)

 

 

  となります。

 

 

  これからの夏にかけてさまざまなイベントが行われます。

 

万博公園2

プロジェクションマッピングなども実施されることも!?

マッピング

 

  さらに最近出来た“orbi大阪”も一緒に楽しめたら最高ですね。

 

 

  ぜひこの夏ご家族で行ってみてください!!

 

 

■USJで療育手帳(大阪)

USJ

  USJではディズニーと違い

 

 

  ①ワンデイスタジオパス➡半額 付き添い者一名含む

 

    ※大人 6790円➡3390円    子ども(4歳から11歳まで) 4750円➡2370円

 

    大人と子どもで5780円ほどお得になります。

 

 

  ②行列に並ばなくてもいい

 

               ※ゲストサポートパスの利用➡ 入場ゲートで療育手帳提示してもらえます。(事前登録不要)

 

    ゲストサポートパス

 

 

 

  この二つが療育手帳を提示すると可能になります。

 

 

  この二つが有るからこそ“USJ”に!

 

 

  というようにサービスが徹底されていますね。  

 

 

■美ら海水族館で療育手帳(沖縄)

美ら海0

  大人1800円 小中学生600円の

 

 

  入園料が介助者と本人が無料になります。

 

 

  基本的に水族館は全国的に、入場料無料が多いですね。

 

美ら海

  ぜひ行ってみてください!!

 

  ちなみに動物園は、基本的に入場割引があることが多いですね。

 

■まとめ

 

  今回は、夏に向けて具体的なレジャー施設の紹介と合わせて

 

 

  療育手帳を使用する事でのメリットをお伝えしてきました。

 

 

  基本的に何らかの割引サービスが使用可能

 

 

  そして国立公立の施設は基本的に無料で利用出来るところが多いですね。

 

 

  今年の夏はぜひ、一度遠くまで足を運んではいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

  今回も最後までお読み頂きありがとうございました。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]