子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

天才児を育てたママの方法の特徴と知っておきたい共通の態度とは?

time 2016/06/09

天才児を育てたママの方法の特徴と知っておきたい共通の態度とは?

【天才児を育てるための教育法の特徴】

 

1、無理強いをしない

 

 

2、肥料だけをあげる

 

 

3、絵本の読み聞かせ

 

 

4、疲れさせない

 

 

この4つです。

 

 

今回は天才児を育てた子育て方法を詳しく見て行こうと

 

 

思います。

 

スポンサーリンク

 

 

■天才児とは

天才児とは

 “並外れた能力や実績を持つ子ども、あるいは大人顔負けの知識を持った児童”

 

 という意味合いで使われる表現です。

 

 イギリスではギフテッドとも呼ばれている。

 

 ギフテッドは、先天的に高い知能を持っている人のことを指しています。

 

 ギフテッドの意味合いとしては

 

 外部的なもの(社会的な成功)という意味合いよりも

 

 内部的なもの(生まれつきの学習能力)を指しています。

 

 さらに、日本では天才の教育法というものが出ていたりするが

 

 ギフテッド教育法という考えはない。

 

 あくまでギフテッドは先天的な特質(遺伝的な物)

 

 であり、教育法によってギフテッドになるという考え方はしていない

 

 このギフテッドを日本では、天才とよんでおり

 

 教育法によって天才は生まれるという認識の誤解が存在しています。

 

 ギフテッドでは、社会的な成功ではなく

 

 生まれつきの学習能力を指しているため

 

 これが社会的成功に重要かどうかはまた違った

 

 データを見る必要がある。

 

 基本的に大人が子どもに求めるのは

 

 学習というよりも

 

 その先の社会的成功だと思います。

 

 ですので、本当の天才教育とはどのようなものであるか?

 

 を選択する際には、しっかりと目標を意識する

 

 必要があります。

 

■天才はもともと天才か?

もともと天才

 これは賛否両論ですね。

 

 ギフテッドの考えを用いるなら

 

 “生まれつき”

 

 ですが

 

 他の考えを用いれば

 

 例えば

 

 社会的な成功をおさめた人=天才

 

 という考えならば

 

 努力をして、継続することで社会的に成功したなら

 

 それも天才に入るわけですよね。

 

 用は捉え方で全てが変わる訳です。

 

 ただ、生まれつき頭がいい人は実際にいますし

 

 生まれつきそんなに学習能力が高くない人もいるのは

 

 

 事実です。

 

 ですので、どこに目標をおくか?

 

 で天才の捉え方が変わってくると思います。

 

 子どもの教育法を考える際に

 

 天才になることを望む場合

 

 どのような天才=目標

 

 かをしっかりと頭に描いて

 

 選択することが必要ですね。 

 

■天才児を育てる為には?

天才児を育てる方法2

 では、最初にあげた4つの方法について見て行きましょう。

 

 今回ご紹介するのは

 

 どちらかというと

 

 後天的に成功をおさめた人の教育法になります。

 

 ですので

 

 目標=社会的成功

 

 とおいた場合の一つの教育の方法ですね。

 

 これが絶対という訳ではなく

 

 社会的に成功した人のママの教育法の特徴ですので

 

 参考にしてもらえればと思います。

 

 では

 

 ①無理強いをさせない

 

  例えば

 

  子どもが何かを間違えた時に怒りがち

 

  絵本の熊を、パンダと言ったりしたときに

 

  怒ってしまう 「違うでしょっ」て感じで

 

  無理矢理覚えさそうとしてしまう

 

  そうではなく

 

  正しい答えを示すこと

 

  これが大事です。

 

  正しい答えを示していくことで

 

  自然と子どもは理解します。

 

  逆に怒られすぎると

 

  学習に対する意欲が低下してしまいます。

 

 ②肥料だけをあげる

 

  これは要は

 

  “環境を整えてあげる事”

 

  さまざまな知識の吸収のための環境も肥料

 

  経験も肥料

 

  だめと言わず選ばせてあげる環境も肥料

 

  すべて可能性を広げてあげるために

 

  準備する事

 

  これが大事なんですね。

 

 ③絵本の読み聞かせをしている

 

  言葉を話す

 

  作文を書く

 

  様々なことを考える

 

  どんな時にも使うのが語彙ですよね。

 

  成功者の多くは読書をしています。

 

  そして幼少期に

 

  読書は楽しいという経験

 

  を持っています。

 

  0歳から小学校低学年までは

 

  毎日絵本の読み聞かせをしましょう。

 

 ④疲れさせない

 

  子どもに様々な選択肢を

 

  ということで、体操、武道、スポーツ、英語

 

  など様々な物を学ばせる事は良い事です。

 

  ですが、

 

  大事な事は

 

  子どもが喜んでやりたがっているか

 

  が重要です。

 

  無理矢理やらされている

 

  という感覚であれば、意味がありません。

 

  そのような時は選択肢を絞ってしまいましょう。

 

■まとめ

 

 今回は天才についてお話をしてきました。

 

 

 実際に天才になればいいという意識では

 

 

 少し違った教育方法をしてしまいがちだと思います。

 

 

 どんなことにも共通することですが

 

 

 “目標を明確に”

 

 

 なんのための教育方法なのか?

 

 

 これを見なくては

 

 

 何も決める事ができません。

 

 

 ぜひ、参考にしてもらって

 

 

 天才になって将来を支える子が

 

 

 どんどん育ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 今回も最後までお読み頂きありがとうございました。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]