子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

帰国子女でも簡単入学!通信制高校を利用せよ!!

time 2016/05/27

帰国子女でも簡単入学!通信制高校を利用せよ!!

あなたは帰国子女の受け入れの高校を知っていますか?

 

 

もちろんいろんな高校が受け入れを行っています。

 

 

ただ、日本の教育スタイルは基本

 

 

全員一緒」

 

 

なわけですよね。

 

 

だからこそ、個別学習が難しい

 

 

ここに、帰国子女の子が入ると

 

 

戸惑いますよね。

 

 

つまり、日本の教育と海外での教育のギャップがある訳ですね。

 

 

今回は、帰国子女の受け入れの高校について

 

 

通信制高校という選択肢をご紹介して行きますね。

 

 

スポンサーリンク

 

■国語が苦手なんだけど…

国語苦手

   大丈夫

 

   帰国子女なら当然だと思います。

 

 

   アメリカ人が、ずっと日本にいて

 

 

   英語が苦手なんだけど

 

 

   っていうのと同じですよね。

 

 

   要は、日本語が母国語、英語が母国語

 

 

   など母国語と他の言語の違いで一番理解が難しいのは

 

 

   “ニュアンス”

 

 

   なんですね。

 

 

   日本だったら

 

 

   例  

 

 

   友達➡ ラーメン食べに行こう

 

   私 ➡ (本当はサイゼリア行きたい➡)イタリアンとかは?

 

   友達➡ それもいいね。今日はイタリアンにしよう

 

 

   というように

 

 

   自分の言いたい事を直接言わず(相手と真っ向から意見がぶつかるので)

 

 

   相手に投げかけてみる事を日本人はけっこうやったりします。

 

 

   逆にアメリカ人とかはそうではないと思います。

 

 

   この文化の違いが、より言語理解を難しくしている要因ですね。

 

 

   通信制高校では、基本的に全体授業ではないので

 

 

   こういった細かいニュアンスや文化、相手の心情なんかも

 

   細かく教えてもらいやすいですね。

 

■友達できるかな… 

友達

  全日制の高校に受け入れをしてもらった場合

 

 

  もう他の皆は友達ですよね。

 

 

  でも、自分は転校生扱い

 

 

  これってけっこうなストレスなんですね

 

 

  特に子どもにとっては大きな事

 

 

  通信制高校ではどうか?

 

 

 

  というと

 

 

 

  通信制高校はもともと転入学(他の高校から移ってくる生徒)

 

 

  が非常に多いため

 

 

  いつのタイミングで転入しても

 

 

  自分と同じような境遇の人が必ずいます。

 

 

  ですから、同じタイミングで

 

 

  知らない場所

 

 

  知らない人

 

 

  という状況で、友達になりやすいという環境が有ります。

 

 

 

  必ずと言っていい程

 

 

  友達は出来ます。笑

 

 

■学習スタイルは…

学習スタイル

  “個別の学習塾のスタイル”

 

 

  国語が苦手なんですが

 

 

  でも少しお話しましたが

 

 

  個別で学ぶ環境があります。

 

 

  これは基本的に学習になかなかついて行けない子が多いため

 

 

  という理由が大きかったのですが

 

 

  最近では、今回の様に帰国子女で通信制

 

 

  を選択される方も増えているので

 

 

  逆にこの個別スタイルが強みとなっていますね。

 

 

  分からないところを丁寧に

 

 

  このスタイルだからこそ

 

 

  安心して学習に取り組む事が出来る人が多いみたいですね。

 

 

■単位って振替できるのかな…

Classroom from a student's prospective. Focus on a student's back.

  帰国子女の方が悩まれるのが

 

 

  この単位の振替

 

 

  通信制高校

 

 

 

  可能です!!

 

 

  しっかりと海外の学校側から

 

 

  成績表を持って来てもらえれば

 

 

  日本での科目に置き換えて

 

 

  単位を振替していきます。

 

 

  海外の中学や高校は日本と少し

 

 

  形態も違うので、心配だとおもいます。

 

 

  もし、迷っているなら

 

 

  一度学校相談会がどこの通信制高校でも実施されているので

 

 

  そこで相談してもらうのが一番早いです。

 

 

  無理という事は基本的にないと思うので

 

 

  一度相談会へ行ってみてください。

 

 

■通信って進学に不利じゃないの…

進学

 

  進学に不利になりません。

 

 

  通信だからという理由で今は物事を判断する事は

 

 

  ありません。

 

 

  就職に関しても同じですが

 

 

  自分が何を目的にして

 

 

  何を高校時代に学んで来たか

 

 

  これが大事ですね。

 

 

  要は、能動的に

 

 

  自分が活動することで

 

 

  どのような結果、達成感

 

 

  を経験したか?

 

 

  これが何よりも重要視されます。

 

 

  少し前の記事で

 

 

  中学受験について書きました。

 

 

  この中でも少し触れていますが

 

 

  進学、特にこれからの大学入試については

 

 

  どこの学校?

 

 

  なんかよりも

 

 

  上記で述べたこれまでの活動や結果

 

 

  自分で考えて行動した事

 

 

  これらが非常に重要になってきます。

 

 

  大きく入試が変わる2020年には

 

 

  これがより顕著に現れると思います。

 

 

  ですから、この学校だから不利という判断ではなく

 

 

  て大丈夫です。  

 

■まとめ

 

  今回は、通信制高校において

 

 

  帰国子女の方のメリットを主に伝えてきました。

 

 

  日本の教育環境は

 

 

  あまり柔軟ではないため

 

 

  帰国子女の方には少し窮屈だと思いますね。

 

 

 

  ですから、すこしでも柔軟性のある

 

 

  通信制高校の考え方と利用の仕方を知ってもらえれば

 

 

  と思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

  今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

  ポチットしてもらえると、うれしいです。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]