子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

夏休み宿題が終わらないあなたへ!絶対終わらせるための事前策!

time 2016/05/22

夏休み宿題が終わらないあなたへ!絶対終わらせるための事前策!

まだ五月ですが暑いですね。

 

言っている間にすぐに夏休みですね。

 

あなたも夏休みになると

 

どこにいこうか?

 

 

楽しい事したいな、と

 

何かしらの計画を立てるはずですよね。

 

 

ところが、その計画には宿題が入っていないんですね笑

 

 

私も夏休みの宿題は、最後の最後まで残っていました。

 

そして31日に泣きながらやったのを覚えています笑

 

 

今回はそんなことにあなたがならない様に事前の予防策を

 

お伝えしていきますね。

 

人がなかなか行動出来ない理由を知る事で

 

改善が見られるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

■抽象的な目標だと行動出来ない

抽象的

 前回受験における正しい勉強法をお伝えしました。

 

 その中でも出てきましたが

 

 目標が抽象的すぎると全く意味が無いという事です。

 

 これは、目標の立て方に問題があります。

 

 目標を立てるときに意識しないといけない事

 

 それは、“目で見える形で評価出来るかどうか”

 

 これを一番意識しないといけません。

 

 たとえば、とにかく数学をがんばる

 

 という目標を立てたとします。

 

 この目標は後で目で見て評価できるでしょうか?

 

 無理ですよね。

 

 まず具体的なのは、数学という教科だけです。

 

 あとは抽象的なとにかく〜頑張る 

 

 ですね。

 

 これではダメです。

 

■目標を具体的にしていく

 

目標

 

 前述した数学の目標を具体的にしてみましょう

 

 とにかく数学を頑張る

 

 具体的にすると

 

 ➡夏休み開始日から一週間で数学のワークテキストを20ページ進める 

 

 どうでしょうか?

 

 先ほどよりも具体的になったと思います。

 

 これでとにかく頑張るが

 

 一週間の行動の目標まで落とし込む事が出来ました。

 

 ただ、ここまでが多くの人がやっている目標設定の方法

 

 になります。

 

 まだ、これでは不十分なんですね。

 

 なぜか?

 

 一日の行動に落とし込めていないため

 

 一週間の最後におそらく20ページを無理矢理やる

 

 ということが一番多い結果になるからです。

 

 要は、一週間単位でいつか行動すればいい

 

 という認識に脳がなっているんですね。

 

 これでは、まだ計画的とは言えません。

 

 最後にしんどい思いをすることになります。

 

 では、どうするか?

 

 最後のステップです。

 

 

■1日の行動に落とし込む

 

行動

 先ほどの目標をさらに深堀します。

 

 夏休み開始日から一週間で数学のワークテキストを20ページ進める 

 

 これを➡一日に数学のワークテキストを3ページやる。

 

 これでどうでしょうか?

 

 先ほどより具体的になりましたよね。

 

 ここで重要な事は

 

 あくまで一週間の目標を立てた後に

 

 一日の目標に落とし込む事です。

 

 でないと、一日に3ページと決めても、その上の

 

 目標設定がないので、どこまで進んだか?

 

 など、評価をしっかりと行う事が出来ず

 

 またまためい想してしまい

 

 行動が止まってしまいます。

 

 ですので、達成したい目標

 

 

 を具体的に決めることは大切ですが

 

 大きな目標➡中間の目標➡スモールステップ(一日の小さな目標)

 

 に落とし込むことがとても大事です。

 

 適切な目標設定の方法を知らないと

 

 結局夏休みの最後に

 

 あーどうしよう

 

 

 終わらない

 

 

 イライラ

 

 

 という結果になってしまうのです。

 

 

 計画を立てるとは

 

 

 大きな目標から具体的な1日の行動までを考える事です。

 

 

 正しい目標の立て方が何よりも重要です。

 

 

■決めた事はやると自分と約束をする

自分で

 目標の立て方について

 

 お話をしてきましたが、

 

 最後にマインドの所もお伝えしておきますね。

 

 目標を立てて

 

 一日の行動まで落とし込んでも

 

  計画的に行動出来ない

 

  それはマインド(気持ち)に問題有りです

 

  人が成長する上で

 

  最も大事な事は

 

  “自分が決めたことは、自分でやると自分に約束し実行すること”

 

  です。

 

  人は、人から言われた事は

 

  たとえ最初はやったとしても

 

  上手く行かなかった場合は

 

  人のせいにします

 

  あの人が悪い

 

  親が悪い

 

  先生が悪い

 

  周りが悪い

 

  大人も一緒ですね。

 

  仕事でも上司のせい

 

  まわりのせい

 

 

  環境のせい

 

 

  なと他人の他の事の責任にしてしまいます。

 

 

  責任を自分で持たなくていいので

 

 

  とても楽ですね。

 

 

  しかし、自分で決めた事は自分で責任を持つしかありません

 

 

  ですから、言い訳出来ないですね。

 

 

  計画を立てて、自分でやると決めたら

 

  全ての責任は自分になります。

 

 

  計画を立てても

 

  自分で責任を持つという心構え(宿題が終わらなかったら自分の責任)

 

  が無ければ

 

  絶対に成長はないですし

 

 

  ましてや宿題も終わらないでしょう。

 

 

 

■まとめ

 

  夏休みの宿題を今回は取り上げましたが

 

 

  他の事でも使える

 

 

  目標の立て方だと思います。

 

 

  大事な事は

 

 

  ●具体的な計画を立てる

 

 

  ●大きな目標の一日の行動まで

 

 

  ●自分でやると決めて自分と約束する(責任を持つ)

 

 たったこれだけで

 

 自分の目標をしっかりと達成できます。

 

 ぜひ今年の夏休み試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 最後にポチットしてくれるとうれしいです。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]