子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

金持ち父さん貧乏父さん!!あなたの子供はどっちの子供?

time 2016/05/19

金持ち父さん貧乏父さん!!あなたの子供はどっちの子供?

 ■金持ち父さん貧乏父さんとの出会い

 

  これを初めて読んだのは

 

  確か私が大学2回生の頃

 

  この頃の私は、大学2回生で

 

 

  遊びほうけていた記憶しかありません笑

 

 

  そんなときに友達から進められて読んだのがこの

 

  “金持ち父さん貧乏父さん”

 

  この本を最初に手にして読んだ時

 

  「ふーん」

 

 

  感想はこれだけでした。

 

 

  自分が読んでみて、思ったのは

 

 

  不動産投資なんてできねーよ

 

 

  これだけだっとと思います。

 

 

  大学2回生でこの本を読んだときは、本当の意味を理解出来ないで

 

 

  いたんですね。

 

  今回は、私が金持ち父さん貧乏父さんを二回目に読んだ時

 

  感じたこと、今の子ども達に噛み砕いてでも伝えたいと感じたこと

 

  この二つをご紹介していきます。

 

     

スポンサーリンク

 

 ■金持ち父さん貧乏父さん再び

 

  そして、この本ともう一度であったのが

 

 

  社会人5年目の頃です。

 

  この頃から、自分がしたいことが出来ずに一生を終える

 

  そんな人生は嫌だ

 

  自分で稼いで行きたい

 

  そう本気で思っている時でした。

 

  その際にもう一度この本に出会い

 

  徹夜して読んだのを覚えています。

 

  自分が必死で働くのではなく

 

  お金を働かせる方法を学ぶ

 

  これが本当に大事なことなんだ

 

  これが本質だったのか?

 

  と思ってテンションが上がりました。

 

  でお、次の瞬間

 

  で、どうしたらいいの?

 

  はい、ここが多くの人が陥る思考の罠

 

  思考停止状態です。

 

  考え方は分かる

 

  けど、お金を働かせる

 

  なんて学校で習いませんよね。

 

  そのため、自分がどのように動けばいいのか?

 

  どうしたらいいのか?

 

  この質問ばかりでループ状態でした。

 

 ■思考の罠から抜け出す為にまず行動

 

  ループをしていても、何も現状は変わらない

 

  私はある日

 

  ループするのは自分への質問の仕方が間違っている

 

  ということに気づきました。

 

  そこで

 

  自分に対して

 

  「どうしたら、お金持ちになれるか?」

 

  という問いを投げかけてみました。

 

  すると、自分の頭でどうしたらお金持ちになれるのか?

 

  という思考から、具体的な行動までを時間をかけて考えられるように

 

  なって行きました。

 

 ■私の目指す物

  私が最終的に考えついたのが

 

  ネットビジネス

 

  これを資産として構築していくこと

 

  これを本気で目指そうと考えました。

 

  自分で行動して稼ぐと決めると

 

  そのための行動をとるようになりました。

 

  【行動したこと】

  ・キャッシュフローゲーム参加

 

  ・ロバートキヨサキ関連の本を読破

 

  ・お金についてのセミナーをお金を払って継続している

 

 

  このように今までの私ではしなかった行動を起こす

 

  ようになりました。

 

  そして、お金の勉強をして行く中で

 

  自分がどの世界で行きていたいか?

 

  これを真剣に考えさせられる機会が出てきました。

 

  これまでは、なんとなく生きて

 

  なんとなくサラリーマンをして

 

  なんとなく生きて行く

 

  それでいい

 

  と自分に甘えてた所が、許せなくなってきました。

 

  ネットビジネスで稼げている人はごく少数

 

  やる前は必ず、無理だという声や

 

  出来ないの声

 

  そして何よりも自分の恐怖そのものに

 

  勝たなければなりません。

 

  この作業は今も継続中です笑

 

  少しずつですが、自分でネットビジネスを構築して行っています

 

  資産を気づく事で、自分のやりたいことをやるために頑張っています。

 

  ここまでが本を読んでからの行動です。

 

  ここは興味が無い人も多いと思うので、読み飛ばしてくださって

 

  かまいませんので宜しくお願いします。

 

  ここからがむしろ本題笑

 

  私が実際に今の子ども達に

 

  この貧乏父さん金持ち父さんを読んで感じた事を

 

   噛み砕いて伝えることを意識して授業に取り入れました。

 

   すると、授業後にたった一人だけですが

 

   自分で大学にいって勉強をしたい

 

   と言ってくれる生徒がいました。

 

   すんごくうれしかったですね。

 

   「先生の授業でこのままだとやべー」

 

   と思ったと話してくれました。

 

■金融教育の重要性

 

  日本の教育制度の中でずっといると

 

  まず金融教育は身に付きません。

 

  これは先進国の中でも、非常に珍しいことです。

 

  主に欧米では金融教育にひたすら力を入れていることも多いです。

 

  今金融教育を実行していかないと、将来的に日本は世界に

 

  太刀打ち出来ない

 

  ましてや国内での経済的格差は拡大し

 

  国自体が貧困に陥ってしまう

 

  可能性が高いです。

 

 ■金融教育を実践する中で

 

  セミナー等で得た知識を必死でシェアしていっています。

 

  子ども達は、?

 

  が立つ事が多いです。

 

  当然ですよね。今まで聞いた事もない話が多いからです。

 

  しかし、その中でなぜ金融教育を勉強しないといけないのか?

 

  それは、「自分のやりたいこと」をするため

 

  ここだけを伝えるようにしています。

 

  この部分が響く子は、自分で大学進学、そしてその先の自分の

 

  将来を真剣に考えるようになります。

 

■授業で伝えている事

 

  ①日本の現状

 

  ②お金の性質

 

  ③なぜ勉強?

 

  この3つだけです。

 

  ①では日本の現状から財政破綻についてお話をしています。

 

  日本の借金が1000兆円を超えている事お

 

  それがが、どこから支出されているのか?

 

  国債とは何か?

 

  自分たちに収入はどこに流れて行くのか?

 

  といった内容で話をしています。

 

  ②お金の性質

 

   交換性

 

   貯蓄性

 

   増殖性

 

   この3つを伝えています。

 

   その中での増殖性については、強調して伝えています。

 

   何も投資を進めているわけではなく、増えて行く性質がある

 

   ということを伝えています。

 

   ③では、

 

   ①、②を知ったところで

 

   知識がないと太刀打ち出来ない事

 

   自分で考えて行動することがいかに大切か

 

   を伝えています。

 

   これまで、金融教育をあまり真剣に考えてこなかった

 

   子も多いですが、この話の中で感じる事が多い子も事実です。

 

   日本の未来を担う子ども達が

 

   自分で考えて行動出来る大人になるために

 

   勉強する意識付けをして行きたいと思います。

 

   今回は、金融教育についての重要性と

 

   自分が考えて動く事の重要性

 

   この二つを金持ち父さん貧乏父さん

 

   を読んで本当に痛感したので

 

   それについて少し話しさせていただきました。

 

                  

スポンサーリンク

 

   最後までおつきあい頂きありがとうございました。

 

   ポチットしてくれるとうれしいです。


子育て支援 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]