子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

日本のオルタナティブスクール紹介3NPO法人東京コミュニティースクール

time 2016/05/04

日本のオルタナティブスクール紹介3NPO法人東京コミュニティースクール

オルタナティブスクール紹介第三弾ということで、今日は東京の東京コミュニティースクールの紹介です。通称TCSのご紹介!オルタナティブスクールは様々な法人が行っていますが、前回の京田辺シュタイナー学校もNPO法人でした。NPOと聞くと、社会貢献しているイメージが強く、社会的信用もあるのが特徴です!ただ、非営利というイメージが強いと思います!非営利だからなんとなく、あまりお金がないのかなと思われがちですが、非営利でも、十分利益を出すことは問題ありません。非営利とは収入を株式会社のように分配できないという意味なので事業収入を多く得てもいいので、それをさらに事業に投資していくことでより良いサービスを提供していけます。少し教育から離れましたが、まずNPOについて少しお伝えしました!

スポンサーリンク

では、東京コミュニティースクールについて、どのような学校でしょうか❓

■東京コミュニティースクールとは

【正式名称】 特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール
【活動内容】

小学生を対象とした全日制スクールの運営、ならびに様々な学びの場の提供・提案、学びのコミュニティ作り。

【開校日】  2004年8月30日
【所在地】  〒164-0001 東京都中野区中野1-62-10

◼️東京コミュニティースクールの教育の特徴

・基本理念  自和自和

自主的に物事に取り組む姿勢が自然でありたい

共に学び成長するそんな人の和に生きていきたい

・学び続ける力

以下の6つの力を大事にしています。

・一人一人の違いを大切にした教育
・きめ細かい環境設定を実現する少人数教育

◼️独自のカリキュラム

・テーマ学習➕基礎学習
※テーマ学習

物事を探求することを通じて、知識やスキルを獲得し、前向きな姿勢や態度、実行力を身につけることを目的とした学習を展開しています。

※基礎学習

1、読み、書き、計算の学習

2、体を動かし。五感を最大限働かせ楽しみながら学ぶ

3、創造力を育む➡️問題に目を向ける好奇心、解決する工夫を見つける力

この3つの要素に加えて

①主体的に学ぶ力、②まず自分で考える力、③なぜ❓と問いかける力、④自ら判断する力、⑤他者と協力して粘り強く遂行する力を身につける環境を設定しています。

◼️その他の活動

朝の会➡️大人と子どもが語り合うフリータイム➡️何をしても何もしなくてもいい時間。子どもたちの集中力の源泉にもなるEnglish➡️ネイティヴスピーカーとの関わりなど多くの取り組みをしています。

◼️入学、募集、費用について

【募 集 人 数】

新1年生:      9名(H29年度入学)

現1年生〜4年生: 若干名(H28年度入学)

※入学時期および考査: 随時対応

【入 学 考 査】

新1年生: ( 第1回)2016年10月25日        (第2回)2016年11月17日  現1年生〜4年生: 随時

【選考の基準】

・保護者とスクールの考えに基本的な相違がなく、グリーンシートの内容への同意があること。

・子どもが、東京コミュニティスクールで学ぶことに対して前向きに考えていること。

・子どもが、他の子どもたちやナビゲータとのコミュニケーションがとれること。

募集要項

【募 集 人 数】

新1年生:      9名(H29年度入学)

現1年生〜4年生: 若干名(H28年度入学)

※入学時期および考査: 随時対応

【入 学 考 査】

新1年生: ( 第1回)2016年10月25日        (第2回)2016年11月17日  現1年生〜4年生: 随時
【選考の基準】

・保護者とスクールの考えに基本的な相違がなく、グリーンシートの内容への同意があること。

・子どもが、東京コミュニティスクールで学ぶことに対して前向きに考えていること。

・子どもが、他の子どもたちやナビゲータとのコミュニケーションがとれること。

【費用】

※学費等の金額は、予告なく変更になる場合があります。詳しくは、お問合せください。

※NPO会費及び寄付金を除き別途消費税がかかります。
2016年4月現在

【入学考査料】  5,000円
【入 学 金】  200,000円
【施設拡充費】 100,000円
【学   費】  360,000円/半期(計720,000円/年)

※弟妹割引制度があります。 51,000円/月(612,000円/年)

※半期(6ヶ月)分を年2回納付、前払制となっています。

※一度納入された学費は、原則として返金いたしません。
【教 材 費】 36,000円 /半期 (計72,000円/年)1年〜4年生

51,000円 /半期(計102,000円/年)5年〜6年生

※半期(6ヵ月)分を年2回(2月、8月)納付いただきます。
【寄 付 金】 一口20万円/年(不課税)

※在籍児童1名あたり一口以上。2名以上のご家庭は二口以上を申受けます。

※認定NPO法人への寄付は、確定申告にて税制上の優遇措置を受けることができ、そのために必要な領収書は当団体より発行します。

詳しくは、国税庁「認定NPO法人に寄附をしたとき」をご覧ください。

【その他費用】

<教材費>

セルフ学習における個人のテキストや問題集などの教材は、子どもたちによって使用する教材や進度が異なることもあり、個別に購入していただいています。また、アートや英語、その他の科目においても、必要に応じてテキスト代、材料費等の実費が別途かかります。

□ 理科実験費   12,000円/年間(3年生以上、半期毎に納付)

□ Storypark費用  1,200円/年間(全員)

<研修旅行、校外学習費用>

スクール外での活動にかかる交通費や入場料等の実費は各自でご負担いただきます。また、研修旅行なども含め、引率スタッフの宿泊費・交通費等の費用も、人数で按分してご負担いただいています。
【NPO入会について】(不課税)

生徒の保護者の方には、ご家庭で1名以上、NPO会員(正会員)になっていただきます。

正会員  入会金 20,000円

年会費 10,000円/年

◼️小学校の卒業資格はどうなるか❓

通っているこどもたちは、公立の小学校に籍を置いたまま登校しています。公立の小学校に学期ごとに、保護者が出席や学習の記録を学校長に提出そうすることで、公的な出席記録や卒業認定を受けることが可能です。なので、子どもが本当に必要なら、教育環境は変えることができます。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]