子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

子育てで効果的なしつけ方法③問題行動を減らして、適切な行動を増やす方法

time 2016/04/22

子育てで効果的なしつけ方法③問題行動を減らして、適切な行動を増やす方法

 

子どもの問題行動は出来るだけ減らしたい、そして適切な行動はもっと増やしてほしい、これが子育ての本質だと思っています。問題行動をいかに少なくする事が出来るのか、を考える事も重要ですが、どのような行動が適切なことなのか、子どもはあまりわかっていません。人は分からない事は出来ないという性質を持っています。ですので、今回はその適切な行動の伝え方を中心にお話して行きたいと思っています。

スポンサーリンク

■悪い結果を使ってみる!!

効果的なしつけという事で、これまでをそれぞれご紹介してきました。今回はその続きで③です。“問題行動を減らして、適切な行動を増やす方法”についてです。以前の話では具体的にしてしまった事を話す事を中心にお話をしてきました。次に、実際にだめな行動をしてしまった時に、具体的に話をして子どもに伝えた後、どうしたらいいのか?ということについてお伝えします。子どもの問題行動って減らしたいですよね?同じ事ばかりされるとイライラするし、つい感情的になって怒ってしまいがちなので出来るだけ減らしたい、そこで、問題行動を具体的に伝えた後は“悪い結果”を意識して与えます。これは罰することを意識するということではなく、子ども自身が“しまった”と思うようなことを与える事が重要です。

■悪い結果の具体例

例えば、牛乳をこぼしてしまった時。これを①牛乳をこぼしたよと伝え、②掃除をさせる➡悪い結果こんな感じです。難しく考える必要はなく、してしまったことで少しめんだくさいなーいやだなーと子どもに思わせる事が大事です。ここで注意したいのが、悪い結果を与えた後さらに、しつけの一貫で注意をくどくどしてしまう事、これは子どもにとっては悪影響です。ながながと話されても全く話しが入りませんし、なにより聞き流すことを覚えてしまいます。なので結果は与えてすぐに切り替えましょう。

■適切な行動の伝え方!!

実際に悪い結果を与えた後、そのあと適切な行動を教えてあげる必要があります。牛乳の例を取り上げます。場面を少し想像してみてくださいね。今回は机の上で車で遊んでいたとしますね。この時の適切な行動を考えましょう。1、車は机の上で遊ばない様にしてほしい➡親の思い2、子ども➡どこでも遊びたい今書かせてもらった1、2は親と子どもの思いの違いです。問題行動を減らし、適切な行動を増やす為には、まずこのギャップを知る事が必要です。その上で、子どもの目線に立った話し方が重要です。大人の都合で、話をしても子どもは納得出来ません。逆に子ども目線で話をすると、さらっと話が入ったりします。大人目線の場合だと例えば、大人は遊ばないでほしいのでと伝えてしまいがちですが、これをこどもの目線に立って話をします。

■子どもにメリットのある話し方が重要!!

例:〜くん机の上で車で遊ぶと、かっこいい車がコップの水で汚れてしまうから、車は床であそぼうね。と伝えます。要は子どもにとってメリットがある様に話す事が大事です。そうする事で子どもは、納得しやすくなります。

■繰り返したい行動はしっかりと練習を!!

適切な行動は教えただけではなかなか身に付きません。しかkりと行動を練習させます。車を机の上で遊んでいたところから再度お話します。その後自分がどう行動するかを子どもに具体的に説明します。「机で遊んでいたら、ママが〜くん床で遊ぼうねと言うのでわかったと言ってね」と子どもに伝えます。これを練習させて、実際に練習させます。この練習をするのと、しないのでは、問題行動が起こる確立が格段に変わってきます。そして、最後にはーいと言って床で遊べたら、練習のときにでもしっかりと褒めてあげることが重要です。

■子育ては筋トレと同じくらいの反復が必要!!

今回お話した内容は、一朝一夕で子どもの行動が劇的に変わるということは無いです。しかし、繰り返し反復して行けば、必ず問題行動が減って、適切な行動が増えてくるはずです。感情のままに怒るのではなく、具体的に何がダメかを伝え、次にどう行動したいいのか?これを分かりやすく伝えてあげる事が重要です。そして、後は練習あるのみです。

■今日のポイント

①、問題行動を具体的に伝える

②、悪い結果を与える

③、適切な行動を教える➡子どもにメリットが必要

④、適切な行動を練習させる

⑤、褒める

このステップを意識すると、少しずつ子どもの行動に変化が見えてくると思います。

スポンサーリンク

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]