子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

通信制高校の転編入学について!!今がまだチャンス!!

time 2016/04/11

通信制高校の転編入学について!!今がまだチャンス!!

何とか高校3年生になったけれど、なかなか学校に通えないという高校生って多いです。特に不登校傾向の生徒は、出欠が足りずに留年ということがあったり、もうやめると言って退学してしまったりする事があります。そんなときにこういう通信制高校もあるよ、といったん立ち止まって考える事出来る様に、通信制高校の仕組みについても理解することが非常に重要です。今回は通信制高校の転入学、編入学について詳しくお話をして行きますね、。

スポンサーリンク

■転入、編入するってどういう事?

転入学、編入学?ってどういう事?ちがいは?という疑問がけっこう多いと思います。あまり転入や編入はいざ自分の子どもがそのような状況になって初めてでてくる言葉だからです。通信制高校に限らず、なんらかの事情で学校に入れなくなったときに出てくる言葉が転入学や編入学です。詳しく見て行くと、転入➡まだ高校に在籍していて、在籍期間を継続して学校を変わる事、編入➡一度高校を退学してから入学することを言います。そしてこの転編が増えるのが4月のタイミングです。これは、新入学生だけでなく、1年生から2年生あるいは3年生に上がれなかった子達が留年は嫌で転編入学を希望するからです。

■転入学や編入学を考える際の注意点

基本的に高校に在籍を残したままの転入学をおすすめしていきます。要は一度学校を辞める、退学をしてしまうと一ヶ月以内に他の高校に入学しないと在籍期間(通常前籍校と合わせて3年)が延びて、半年みんなと卒業時期が遅れる可能性があるからです。ですから、できるだけ今の高校に籍を残したまま相談にいく事が重要です。転入学、編入学については本当にそれぞれ様々な事情がありますが、代表的な物が成績不振、いじめ、体調不良(起立性調節障害)、不登校による出席日数の不足などが代表的です。

■いつ頃入学出来るの?

上記のような事情をふまえ、できるだけスムーズな転編入学の促しを行っています。通信制高校は基本的に、随時募集をしていますのでできるだけ早く動いてもらう事で、すぐに入学をすることが可能になります。4月の時期であれば、在籍期間を気にして早く相談に行かれる事が望ましいです。

■相談に行く前に確認しておくべき事

相談に行くときのポイントがあります。それが今自分が何単位取得しているのか?全日制の高校だとこの考えがあまり浸透していないので、自分はいったい何単位取っているんだろう?となる方が多いです。しかし、これは学校に聞けばすぐに教えてくれるので、ぜひ確認をしてからの相談をオススメします。取得単位の数によっては、入学時期に余裕がある場合と、逆に少ないときにはすぐに動かないと間に合わない事もあるのでかならず確認をしてください。こういった情報があれば、すぐに転入学なのか、ということを検討しやすくなります。

■転入学や編入学に対する不安

転入、編入については抵抗もあると思います。それは生徒自身が新しい環境に慣れるのか?という不安もあれば、今の学校で何とか卒業する方がいいのでは?通信なんて?という様に保護者の方のご意見もある様々だと思います。こういった抵抗を感じた時点でぜひ一度相談に来てください。もんもんと悩んで時間だけすぎるのが一番不利益を被る形になることは本当に多いです。ですから、まず相談してみて、その中で何をどうすればよいか?今のタイミングでいいのか?わるいのか?こういった情報を積極的にとるようにしましょう。そうすれば、自ずとタイミングが見つかり、スムーズに転編入が可能になります。一つ安心してもらえたらと思うのは転編入学は4月でも15〜20人程度毎年います。いろんな悩みを抱えた子がそれだけ多いんですね。

■環境を変えてみることも一つの選択肢

そして、逆に子どものために環境を変える事は、非常に有効だと思います。悩みがあって立ち止まるのではなくま、ずは相談に行ってみましょう。検討すべき事はその後いろいろ出てきます。教職員の雰囲気、授業の様子、担任はつくのか?昼ご飯は?そして学費(費用)ですね。こういった事柄を検討するためにもぜひ説明会をご活用ください。とにかく4月の時期は動く事、公立の後期が落ちたからで立ち止まらない事が大事です。ぜひ一度迷っているなら資料請求をしてみてください。便利な一括請求ができます。以下のリンクからどうぞ。

好きを仕事にできる通信制高校特集!!

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]