子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

これからの幼児教育で大切な3つのポイント!!

time 2016/04/09

これからの幼児教育で大切な3つのポイント!!

だれもが思う私の子は天才だ!って思う事、でも大人になるとそうでもないなって思ったり、自分の子どもに幻滅したりすることもあると思います。でも生まれて来た子は、等しく可能性を秘めています。そこに、どんな環境を提供してあげることが出来るのか?これが子どもを育てる上で最も大切なポイントです。環境が子ども与える影響はあなたが考えているほどよりももっと大きな影響力を持っています。今回はそんな環境をどのようにして整えてあげればいいのか?ということで幼児教育のポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

■幼児教育の3つのポイント

1、小学校の英語教育の開始

小学校の英語教育の必修化と教科化が進んでいます。今の動きの中では2020年には学習指導要領でも定められ、小学3年生で必修化、小学5年、6年生では成績もつく「教科」になるだろうと言われています。そして、その分中学校ではオールイングリッシュの授業の展開等が予想されています。主に必要な能力として、読む、書く、聞く、話すといった幅広い能力の育成が盛り込まれています。現状試験の為の英語教育からグローバルに活躍出来る人材の育成も視野に授業が展開されるのは間違いありません。

2、2018年問題

次に2の2018年問題ですが、これは教育業界で言われていますが、2018年頃から18歳人口が減って行くという問題です。少子化が本格的に大きな影響を及ぼしだす時期です。この歳を境に教育業界もさまざまな変革が予想されるため、子どもを持つ親としては、知っていて損はしない情報です。競争が激しくなると、必ず新しいサービスが生み出されて来ますので、注目しておきましょう。自分の子どもにどのような教育を受けさせるのが良いかということを真剣に考えて行く必要があります。考えた上で、残る教育機関やサービスをこれまで以上に見極めていく事が必要です。様々なサービスを知り、教育の選択肢を増やしてあげる事が大切です。

3、EQ教育の重要性

これはエモーショナルインテリジェンス言われる物で、最近よく耳にする単語だと思います。要はこころの知能指数のことを言います。IQとは少し違います。EQでは、他者の気持ちや自分の気持ちを自覚し、自分の感情をコントロールする力を言います。IQも大切ですが、EQも高くないと社会で成功出来る確率が低くなってしまうという研究結果もあります。最近では、自分の感情がコントロール出来ず、少年犯罪を犯してしまう子ども達もいますそれだけ感情の持つ力は非常に強力です。このEQについてはこれからさらに注目されると考えています。もう少しEQについて知りたい方はこちらをご覧ください。

 

■3つのポイントをしっかりと見据え最適な環境を

これらの3つのポイントを意識して、環境を整えて行く必要があります。まずは英語教育ですと特に幼児期からの教育環境が大事です。私たちが日本語を喋るのに、めちゃくちゃ勉強しましたってことないですよね?それは、生まれた環境で自然と日本語を耳で聞いていたからです。ですので、言葉を喋れないうちから話しかけられることで、日本語シャワーを浴びていて、それが一杯になって溢れ出す頃に言葉が出るということですね。ですので、幼児期の頃から英語に触れさせる習慣は大事です。私が使っているのがディズニー英会話ですね。将来を考えての投資ですね。一日中英語を聞きっぱなしにしています。2歳でバニーを覚えました笑、興味があればぜひお試しください。無料サンプルが今ならもらえますよ。詳しくはワールド・ファミリー

次に2018年問題やEQは今注目されている教育業界では大きなポイントです。少子化に伴い様々な新たなサービスが展開されると思いますので、ぜひいろんな情報を集めてみてください。ポイントは素早く情報を集める事、今は情報化社会です。いいサービスはどんどん知っている人が先に利用して行きます。情報はとりに行かないとなかなか入ってこないものなので、ぜひ動いてみる事をオススメします。またEQに関してはIQよりも注目されており、感情コントロールの方法なども勉強出来るのがダニエルゴールドマンの著書なのでオススメです。

■さらに変化がプログラミング教育の必修化

この部分は今回追記になりますが、さらに2020年にプログラミング教育の小学校必修化が決まりそうです。小学校から英語そしてプログラミングと様々な物が入って来ています。プログラミング教育は中学校で2012年から必修化になっており、勉強されている子もいると思います。それが今回の変革で小学校までおりてくるという事です。今世界各国でITキッズが注目されており、大人の凝り固まった思考よりも子どもの創造力や柔軟性が指示されています。実際に各国先進国では幼少期からプログラミング教育を実践しています。日本もこれに呼応するように、改革を進めています。ですので、これからは単に学校に行かせるという何も考えない選択をするのが危うい時代だと思っています。今の流れに沿って、子ども達にその流れに乗りくれないような環境を提供をすることが非常に重要になって来ます。

プログラミング教育は今の時代私は必須だと思っているので、今からやり始めて遅くは無いです。でも自分ではプログラミングなんて教えられない、そんな方は各地にあるプログラミング教室を利用しましょう。月額2万円弱で通えるスクールもあります。また今話題のロボットプログラミングが他と比べて安く利用できるアーテックエジソンアカデミーという所があります。ロボットプログラミングは特に男の子をお持ちの保護者の方にオススメです。無料体験実施中ですので、こちらの記事からリンクに行ってもらって、一番下にあるので見てみてくださいね。少しでもあなたのお子さんの教育環境の選択肢が広がれば幸いです。

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]