子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

自分を律する事が出来る人は成功出来る。

time 2016/04/02

自分を律する事が出来る人は成功出来る。

 

前回は成心力についてお話しましたが、今回は自分を律する人が成功出来るというお話をします。習慣を作るにもまず、この自分を律するということが必ず必要になって来ます。では、どのようにして自分を律する事が出来る様になるのかについて、一緒に見て行きましょう。

スポンサーリンク

■習慣が強化される仕組み

私たちは、日々何を考えて過ごしているかをあまり考えていません。言わば、無意識に行動をしている事が多いです。ただ、完全な無意識ではなく、これまでの経験などの価値観に基づき、物事を判断しています。例えばご飯を選ぶときも、必然的に自分の好きな物を選びますよね。毎日何となく同じ物を食べいてるという感じの人も多いです。それは、今までに自分が食べたものの記憶から、おいしいと感じた物を脳が勝手に取り出しすいからなんですね。このような事がおきると何がおきるか?おいしいものを食べる➡おいしいと強く感じる➡また食べたくなる、病み付きになるとは、この繰り返しで脳に記憶が蓄積され、その行動が強化されます。

■自分を律する事が出来る人の習慣の作り方

では、自分を律する人はどのような感じなのでしょうか?自分の好きな物でも、栄養バランスをかんがえて食べない人でしょうか?違います。それでは、自分が食べたいのに食べれない➡我慢出来ないとなります。人は非常に意思が弱い生物です。どんなに優れた人でも、だれてしまったりやる気が出ないのは、本質的に人がそれほど意識だけで、自分をコントロールするのが難しいからです。では、自分を律するとはどういうことか?要は、自分が決めた事に肯定的な意味を持たせ、それを繰り返して行く事で達成感を得る事が出来る人のことを言います。つまり、自分にとっていい習慣が形成されやすい考え方を繰り返し行っている、ということです。

■具体的にどういうこと?

もう少し詳しく言うと、マラソンなどがわかりやすいと思います。まず、自分でマラソンをすると決めます。マラソンが嫌いな人は、ここでつまづきます。だってしんどいし、もう歳だから体力ないしね、走って何になるの?なんていう思考回路ができているはずです。物事は事実として、そこにあるだけで事実を苦痛だと思うのは自分自身の考え方です。ですから、この考え方をコントロールする事で、自分を少しずつ律する事が出来る様になってきます。

■考え方のコントロール方法

では、どのようにコントロールしていくのか?まずは、自分の現状を受け入れそれを否定しない様にしましょう人は自分がもうダメだ、くそな人間だと思えば思う程、より負のサイクルが強化されます。これも脳の仕組み上そうなっているんですね。ですから、まず今の自分を認めて上げましょう。お子さんがいるなら、その子をそのまま受け入れてあげましょう。まずは、今の状況に肯定的な意味を見いだす事です。これが出来ないと前に進みません。現状に肯定的な意味を持たせれたら、次のステップです。自分が興味があり、出来たらわくわくすること(褒められる事など)を見つけましょう。何でもかまいません。新しい事に挑戦することでも良いですし、少し散歩にいくのも良いでしょう。自分が決めた事を実行出来、それに肯定的な意味を持たせる事が出来れば、人は達成感を感じます。そしてこの達成感を大切に感じてください。お子さんに対しては、全力で褒めてあげてください。自分をコントロールするには、自分で決めて行動すること、そしてそれを全力で自分で褒める事、その繰り返しが本当に重要です。この繰り返しにより自分で決めて行動すること➡出来る➡自信になる➡またやってみようと思う。このサイクルが自分を律している人のサイクルです。特別な事ではありません。子どもに対してもこのサイクルを利用して、子どもの能力を最大限伸ばす事が出来ます。ですから、脳の仕組みを理解して、人が本来弱い事を受け入れて、その上で、行動してみてください。

■どんな子でも出来るのか?

どんな子でもできるのか?本当にそんな簡単なのか?出来ます。簡単です。でもやってみると人生が楽しくなります。自分が今まで自分の事を否定し続けていたなら、もう許してあげましょう。お子さんがいるなら、まずは受け入れてあげて、肯定して褒めてあげる事を増やしましょう。そして、自分のことを肯定的に捉えて目標を設定をぜひ、お子さんと一緒にやってみましょう。まずは、小さなことでちょっと頑張れば達成出来る目標を設定して上げましょう。その際は自分で目標を決めたという感覚を持たせてあげましょう。小さなお子さんは自分で決めるのが難しいので、選択にして決めさせてあげましょう。ぜひ試してみてください。人は、人生楽しみや幸福を感じるときに始めて、弱さに打ち勝てます。この経験が将来必ず自分を律して生きていく支えになるはずです。以下に私が習慣を意識する上で参考にしている本を載せておきます。簡潔でわかりやすいのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]