子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

知ってお得に有効活用!名古屋市子育て支援制度について

time 2016/03/28

知ってお得に有効活用!名古屋市子育て支援制度について

 

子育て支援制度は概要はあるものの、各都道府県の自治体によって様々なサービスがあります。利用するにあたっては、地域の制度を調べる必要があります。私は現在名古屋市に住んでいるため、今回は名古屋市メインでの子育て情報を提供して行きます。

スポンサーリンク

■制度を活用するために保育の現状を知る事が大事

私は上述した通り、今名古屋に在住しており、名古屋市で子どもを育てています。その中で、自分も活用している制度も含めてご紹介をしたいと思います。子育て支援制度はどの市も積極的に行ってはいますが、手続きが面倒だったりします。また、説明が分かりづらくなっている物も多いので、少しでも分かりやすく噛み砕いてご紹介して行けたらと思います。

少し話しが戻りますが、私がいった出張での研修でも保育について触れるところがありました。現状東京などでも、保育士不足が深刻化しているということでした。保育が必要なのに保育士が不足しているという現状の中で、どのように子育てをしていったらいいのか?それだけ働きながら、子育てするのは本当にしんどいものになってきています。ただこのような状況だからこそ、使える制度は最大限使うということを意識して情報をとりに行きましょう。

■名古屋市にある子育て支援サービス事業

では、名古屋市においては、どのような制度があるのでしょうか?

1、のびのび子育てサポート事業(ファミリーサポートセンター事業)

こんな時に便利:保育園の迎えができない、通院や用事の際に一時的に子どもを預かってほしい

2、産前、産後ヘルプ事業

こんな時に便利:妊娠中から6ヶ月以内で利用可能。利用料も1000円未満4時間程度

3、トワイライトスクール

 

こんなときに便利:放課後支援事業 土曜日は午前九時から午後六時
※学区内の小学1年生から6年生まで利用可能 月曜日から火曜日
※同じようなトワイライトルームもあります。

4、学童保育

こんな時に便利:放課後保護者が就労等で不在の時

5、地域子育て支援センター事業

こんな時に便利:子育て不安(発達の遅れや問題行動)など相談したい時

6、子ども短期入所生活援助(ショートステイ)事業

こんな時に便利:保護者の社会的な理由(病気、出産、看護、災害、冠婚葬祭、失踪転勤、出張及び学校等の公的行事の参加)一時的に家庭での子育てが困難になった時。

7、名古屋市3人乗り自転車貸し出し事業

こんなときに便利:ちょっとした買い物など日常自転車での移動がある時

など、さまざまな事業を展開しています。

■自分で情報ととって活用する姿勢が大事!

それぞれ詳しい事はリンクを張っているので、ぜひ参考にしてみてください。ご自身で使える事業は最大限利用していくことも大事だと考えています。知らないのは当たり前です。自分がその状況になって初めて、“困った”が出てくるものです。ですから自分で動く事が大事です。一番情報源として良いのは、ママとも間での情報交換だと思います。自分が知らない情報が入ってくる事が多いと思います。ぜひ周りと積極的に交流して情報ととりに行きましょう。今後も、これ以外の市の事業も取り上げて行きたいと思っています。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]