子ども教育の選択肢!!

知っている事が多い程、子どもの可能性を広げることが出来る!!

不登校でも進学出来る?通信制高校を選ぶ際の3つのポイント

time 2016/03/25

不登校でも進学出来る?通信制高校を選ぶ際の3つのポイント

通信制高校ってどんなところ?こんな質問が全日制高校の先生からあったりするんですね。実際学校の先生や教育関係の仕事につかれている方でも、通信制高校の仕組みをあまり理解されていない方も多いんですね。そのため通信制高校を選ぶポイントもなかなか学校の先生に聞いても分からないということがあると思います。なんとなく友達がいるから行ってみるという子も多いのが現状です。ですが、しっかりと仕組みを理解した上で内容を知って初めて選択出来ると思うので、今回の記事が少しでも選択の際の見るポイントになれば幸いです。

スポンサーリンク

■通信制高校に対するイメージと不安

昨年度は通信制高校が何個かつぶれてしまいましたね。通信制高校のイメージは昔からそれほどよく無いです。主なイメージとしては、進学に悪影響、学習環境内容が適当、教員もよくないというイメージが多いと思います。しかし、そんな学校ばかりではありません。ただ、内容として不適切な部分がこれまであったという意味で、今回通信制高校の中身にメスが入れられたからこそ出て来た問題でしたが、不安を持たれた方も多いはずですよね。そこで少しでも安心して通信制高校を選ぶ為にも、今回ご紹介するポイントを意識してもらえればと思います。

 

■通信制高校を選ぶ際の3つポイント

%ef%bc%93

通信制高校を選ぶ際のポイント

1、授業の実際の様子を見ること

2、通っている生徒に話を聞く事

3、実際にいくつかの説明会に行って、同じ質問をしてみる事

以上の3つから情報を収集することが非常に重要です。

なぜか?通信制高校は情報が全日制高校と比べて少なく、その中身も学校によって大きく異なるからです。特に授業内容は、学校によって千差万別です。それだけ裁量があるので、仕方が無いこともありますがその裁量がマイナスにふれている学校も存在しています。自由と責任は紙一重と言われる程、やはり通信制高校ではある程度の自己管理が必要になって来ます。もちろん担任もつくところが多いので、全部が自己管理という訳ではありません。ただ、

 

■なぜこの3つが大事?

1の授業の実際の様子を見る事、これは絶対にしてもらいたいことになります。授業の様子は学校にもよると思いますが、見たいと言えば大抵授業の様子を見学することができます。そこで生徒の層や雰囲気、そして教員の授業の指導方法やレベルがわかったりします。そして何より雰囲気を感じることで、あなたのお子様が雰囲気あってるなと思うかどうかここが重要です。雰囲気が合わないと結局行かなくなる可能性が大きくなります。

2では、通っている生徒に話を聞く事です。口コミや見学に行った際に学生スタッフがいるところもあるのでどんどん聞いちゃいましょう。これが一番素の情報だと思います。最近はツイッターでの口コミなんかも見る事が可能ですのでそこから情報を拾うことも出来ます。ただ、直接通っている生徒がいるなら、少し話を聞いてみる事が重要です。生徒は学校の鏡です。生徒をみればその学校の雰囲気や内容が見えてくるはずです。注意ですが、生徒の外見ではないのでご注意を。外見で判断という意味ではなく、あくまで生徒の態度や振る舞い雰囲気ですので、その辺りを見て来てくださいね。

3、実際にいくつもの学校をみて、同じ質問をしてください。例えば、高校2年生から3年生に上がる際、単位の関係で今すぐ決めた方が良いですよと営業の上等文句のように、説明をするところもあります。全てが間違っている訳ではないですが、転入学に余裕があるのか無いのか?の判断は客観的に判断することが大事です。確かに3年生に上がる段階で、個々人の状況によりすぐに手続きしないと卒業時期が伸びてしまう事があります。ですので、こういった情報を聞いた際には他の学校の説明会でも同じ質問をして比較してください同じような意見であれば、信憑性がありますしなければ、まだ慌てなくても大丈夫かなという風にも判断ができます。

たまに在籍している学校の先生に早く決めた方がいいと言われる事もあると思いますが、最初にお話した通りで全日制で特に公立の先生で、通信の仕組みを全て理解した上で言されている教員の先生は少ないのが現状だと思います。ですので、ご自身で情報と取りに行く姿勢は必ずもっていてください。

■転入学は大きな決断、急ぎつつ慎重に

%e3%81%84%e3%81%9d%e3%81%8c%e3%81%b0

以上が通信制高校を選ぶ際に、注意するポイントです。当たり前のことと言えば、当たり前でしょという内容かもしれませんがこれを意識することで、今回のような事件に巻き込まれる可能性は格段に減ります。通信制高校を選択するということは、子どもにとっても保護者の方にとっても、大きな岐路だと思っています。ですから、時間のある限りは熟考してもらって決断してもらいたいです。なかなか通信の仕組みを理解するには大変ですが、判断する際に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA


子育て相談コンサルタント

じゃめこ

じゃめこ

ブロガーのじゃめこと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、変化の激しい時代において必須になってくるであろう様々な子育て情報を提供させて頂いています。あなたの悩みの解決の一助になればと思っております。 [詳細]